ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Snapchat」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Snapchat」に関する情報が集まったページです。

Marketing Dive:
TikTokのとてつもない稼ぎ力 急成長の秘密は?
TikTokの広告収入はTwitterとSnapchatのそれを足し合わせても追い付かず、近い将来はYouTubeに並ぶとみられる。(2022/5/16)

Snap、手乗りドローンカメラ「Pixy」を米仏で発売 101g、230ドル(約3万円)
“カメラカンパニー”を標榜するSnapchatを手掛けるSnapが、手乗りサイズのドローンカメラ「Pixy」を米国とフランスで発売した。価格は229.99ドル(約3万円)。ホバリングしたりユーザーをフォローしたりして撮影し、手のひらを差し出すとその上に着地する。(2022/4/29)

Google、Pixelシリーズの3月の新機能と修正の配信開始 「6/6 Pro」は「3月中」
Android、Pixelのセキュリティアップデートとともに、Pixelシリーズの新機能も発表された。ユーザーインタフェースだけでも40件以上の改善がある。Pixel 6/6 Proのみの新機能もあるが、この2モデルのアップデートは他より遅い「3月中」となっている。(2022/3/8)

Marketing Dive:
Appleの広告規制でFacebookは撃沈 一方、Apple自身の広告事業は?
iOSにおけるプライバシーポリシーの変更はFacebookなど他のデジタルプラットフォームの広告パフォーマンスに影響を与えている。一方、Apple自身の広告事業は着々と成長している。(2022/2/25)

Innovative Tech:
「誰がモデルか、なんとなく分かる」アニメ風の顔画像に変換するAI、台湾の研究チームが開発
国立台湾科技大学の研究チームは、現実の顔のアイデンティティーを維持したままアニメ風の顔画像に変換するGANを使ったシステムを開発した。実写感を排除しているのに、元の顔の原型をできるだけ残した点が特徴だ。(2022/2/3)

ヤマーとマツの、ねえこれ知ってる?:
スマートフォン悪用の「カンニング大作戦」登場 次はどんなITガジェットが狙われる?
カンニングで使われた、または使われそうなさまざまなIT技術について語り合ました。(2022/1/31)

Innovative Tech:
写真内の物体を3Dモデルに変換するシステム、米Snapらの研究チームが開発
米南カリフォルニア大学(USC)と、写真共有アプリ「Snapchat」などを開発する米Snapの研究チームは、さまざまな時間や場所、照明条件で撮影した画像から、対象物を抽出し3Dモデルに変換するシステムを開発した。(2022/1/18)

2021年のアプリダウンロード、世界のトップはTikTok、日本はPayPay──App Annie調べ
App Annieは2021年のモバイル市場に関する包括的なレポート「モバイル市場年鑑 2022」を発表した。長引くコロナ禍で「モバイルの習慣が世界中に根付いた」。アプリダウンロード数やモバイル使用時間などを分析している。(2022/1/13)

Marketing Dive:
Twitterの新CEOは“黒歴史”を払拭できるのか
新たにTwitterのCEOに就任したパラグ・アグラワル氏は、プロダクトに注力する姿勢を鮮明にしている。TwitterをZ世代や彼らをターゲットとする広告主にとって魅力的なプラットフォームにするためには、イノベーションが不可欠だ。(2021/12/24)

「Pixel 3」以降でもボイレコの日本語文字起こしが使えるように
米Googleのスマホ「Pixel 6/6 Pro」向けに搭載していた一部機能を旧モデルにも展開する。ボイスレコーダーアプリの日本語文字起こし機能などがPixel 3以降でも使えるようになる。(2021/12/7)

Google、Pixelの7つの新機能を「Feature Drops」として紹介
Googleは3カ月おきに発表する「Feature Drops」で、Pixelの7つの新機能を発表した。「この曲なに?」の手動検索や新壁紙などだ。「レコーダー」の日本語テキスト起こしが「Pixel 3」などにも対応した。(2021/12/7)

Meta(旧Facebook)に対し、英競争規制当局がGIFアニメのGIPHY売却を指示
英競争規制当局のCMAは、Meta(旧Facebook)に対し、2020年に買収したGIPHYの売却を指示した。この取引がユーザーと広告主に害を及ぼす可能性があるため。Metaは控訴を検討している。(2021/12/1)

SpotifyもTikTokのような動画機能をテスト中
SpotifyがTikTokのような短い動画をスクロール閲覧できる機能をテストしていると、テスト参加者がツイートした。Spotifyはテストを認めたが、正式機能にするかどうかは未定としている。(2021/11/26)

この頃、セキュリティ界隈で:
狙われるワンタイムパスワード、多要素認証を破る闇サービスが浮上
不正アクセスを防ぐ対策の代表である、多要素認証。ワンタイムパスワードを実装する例が多いが、この仕組みを突破しようとする攻撃が増えつつあるという。(2021/11/5)

「Pixel 6」ロック画面から直接“Snap” Googleとスナチャが提携
Pixel 6」に、ロック画面から直接Snapchatで写真撮影できる新機能「Quick Tap to Snap」を搭載すると発表した。Googleと提携して実現する。(2021/10/20)

新しいオフィスと働き方を探る【後編】
“企業版TikTok”、AI、ホワイトボードアプリ――「ハイブリッドワーク」を洗練させる3大トレンド
今後、テレワークとオフィスワークの従業員が入り交じる働き方が当たり前になると、コミュニケーションの姿が大きく変わる可能性がある。こうした中で新しいトレンドとして注目すべき3つの技術分野とは。(2021/9/20)

Instagramは多くの若者にとって有害との内部調査結果をWSJが暴露
Wall Street Journalが、「FacebookはInstagramが若者にとって有害だと知っていたことが社内文書で明らかに」という記事を掲載。これに対しInstagramは調査の一部をネガティブに紹介していると反論し、対策していると主張した。(2021/9/15)

Facebookのスマートグラス「Ray-Ban Stories」発売 299ドルから
FacebookはRay-Banと共同開発したスマートグラス「Ray-Ban Stories」を発表した。北米などで発売した。価格は299ドル(約3万3000円)から。写真や動画の撮影、通話などができるが、AR機能は搭載しない。(2021/9/10)

TechTarget発 世界のITニュース
ベゾス氏やオバマ氏のTwitterアカウントを悪用 英国人男性が逮捕
Twitterを攻撃し、著名人のアカウントを乗っ取った英国国籍の男性をスペインの警察が逮捕した。どのような手口でTwitterのアカウントを盗んだのか。(2021/9/8)

LinkedIn、「ストーリーズ」を9月末に終了
LinkedInは昨年2月から提供している「ストーリーズ」機能を9月30日に終了する。ユーザーは24時間で消えてしまうより、プロフィールに残る動画を望んでいると分かったためとしている。(2021/9/1)

フリート機能が“ツイッタラー御用達”で終わった理由を考える
米Twitterが8月3日(現地時間)で終了すると発表した「フリート」。これまでTwitterで情報発信してこなかった人たちに向けた施策にもかかわらず、既存ユーザーにしか使われなかったというが、なぜ本来のターゲットに届かなかったのか。(2021/7/15)

Twitter、24時間で投稿が消える「Fleet」を8月3日に終了へ
Twitterが日本でも昨年11月から提供しているInstagramの「ストーリーズ」に似た「Fleet」を8月3日に終了する。提供の目的は、あまりツイートしない人に投稿しやすい手段を提供することだったが、思ったような効果がなかったためとしている。(2021/7/15)

GoogleのWeb会議アプリ「Meet」に「Duo」と同じマスクやエフェクト
GoogleのWeb会議アプリ「Meet」で、ネコ耳などのARマスクを使えるようになった。同社の動画チャットアプリ「Duo」には以前からあった機能だ。(2021/7/9)

Googleに聞く「Professional Cloud Architect」に合格するこつ【中編】
Google資格が認定する「クラウドアーキテクト」は「エンジニア」と何が違うのか
Googleの認定資格「Professional Cloud Architect」が定義するクラウドアーキテクトとエンジニアの違いとは何か。クラウドアーキテクトに必要な心構えとは。同社の担当者に聞いた。(2021/7/2)

Web会議では「大げさ」で、チャットでは「ややこしい」ときに
Zoomの次は“ビジネス用TikTok”か? 「ショート動画共有」が熱い理由
「Web会議をするほどではないが、チャットで説明するには情報が多過ぎる」――。こうした微妙なニーズに合致する可能性があるのが、「TikTok」のようなショート動画共有サービスだという。それはなぜなのか。(2021/6/17)

Twitter、フリートに広告表示の実験 米国で
米Twitterが、24時間で消える投稿機能「フリート」に広告を掲載する実験を米国で始めた。複数の広告主と協力し、iOS/Androidアプリユーザーの一部に提供する。(2021/6/2)

SnapchatのSnap、第4世代「Spectacles」を134gのARメガネに
SNSの「Snapchat」を手掛けるSnapが、カメラ付きサングラスの第4世代となる新「Spectacles」を発表した。初めてARに対応した。134gとARメガネとしては軽量で、6DoFだ。(2021/5/21)

YouTube、TikTok似の「Shorts」クリエイター支援に1億ドル
YouTubeがベータ版でテスト中の短い動画投稿サービス「YouTube Shorts」のクリエイター支援ファンドを立ち上げた。規模は1億ドル(約109億円)。毎月数千人の人気作品のクリエイターに報酬を提供する。(2021/5/12)

Zoomで顔に眉、ヒゲ、リップカラーを追加する「スタジオエフェクト(β)」が利用可能に
Zoomが昨年9月に予告したARマスク機能「スタジフォエフェクト」がβ版として使えるようになった。眉、ヒゲ、リップカラーを顔に追加できる。(2021/2/9)

トランプ米大統領、YouTubeで別れの挨拶を公開 バイデン氏への言及はなし
トランプ米大統領がホワイトハウスのYouTubeチャンネルで「お別れ動画」を公開した。約20分自分の功績を述べているが、次期大統領のジョー・バイデン氏には一切触れなかった。「新政権に権力を譲るが、われわれが始めた運動はまだ始まったばかり」という。(2021/1/20)

「ネット」とともに生きてきて思うこと 願っていたのはこんな世界なのか?
パソコン通信から現在のSNSへと、何がどう変わってきたか、小寺信良さんが述懐する。(2021/1/5)

Reddit、TikTok似のDubsmashを買収 短動画投稿機能追加へ
Redditが、TikTokのように短い動画(6秒)を共有する人気アプリDubsmashを買収した。Dubsmashは存続し、動画投稿機能がRedditにも統合される見込みだ。(2020/12/14)

Twitter、ツイートをSnapchatのスタンプとしてシェア可能に(まずはiOSで)
Twitterが、ツイートをSnapchatのスタンプとしてシェアできるようにした。ツイートの共有ボタン→Snapchatを選ぶと、そのツイートがスナップやストーリーのスタンプになる。(2020/12/11)

Snap、TikTok似の「Spotlight」発表 人気作品は100万ドル以上獲得のチャンス
Snapが、SnapchatにTikTokのようなエンタメ目的の60秒動画を投稿する新機能「Spotlight」を一部の国で追加した。年末までの毎日、その日のトップ作品に100万ドル(約1億円)以上の賞金を与える。(2020/11/24)

Facebook Messengerでも消えるモード「Vanish Mode」追加
Facebookが「Facebook Messenger」に相手とのやり取りが自動的に消える「Vanish Mode」を追加した(日本はまだ)。Instagramでも間もなく使えるようになる見込み。(2020/11/13)

Googleさん:
「Google検索は競争を阻害している」のか? 米司法省とGoogleの言い分を整理してみた
米司法省がGoogleを独禁法違反で提訴しました。これから長くなりそうなので、訴訟の要旨をまとめてみました。(2020/10/25)

「Googleアシスタント」でAndroidアプリの操作が可能に 「ねえGoogle、Twitterでニュースをチェック」
Googleの音声アシスタント「Googleアシスタント」でAndroid端末のサードパーティ製アプリを操作できるようになった。対応するアプリはまだ30本程度だが、今後増える見込み。Twitterを開いたり、Spotifyでプレイリストを再生したりできる。(2020/10/9)

Apple、編集機能を強化した「Final Cut Pro X」最新アップデートを発表
Appleは、同社製ビデオ編集ソフト「Final Cut Pro X」の最新アップデート実施を発表した。(2020/8/26)

星暁雄「21世紀のイノベーションのジレンマ」:
なぜ? 中国アプリTikTokに米トランプ大統領が異例の圧力
中国発の動画共有アプリ「TikTok」に対して、米国のトランプ政権が異例の圧力をかけている。圧力をかける根拠は、アプリが「プライバシーを侵害し、安全保障上の脅威となっている」というものだが、その証拠は見つかっていない。なぜTikTokが標的とされたのだろうか?(2020/8/12)

IaaS市場はなぜ伸びている? 大手3社の戦略の違いは? クラウド業界事情を基礎から徹底解説
クラウドは2000年代半ばに登場した比較的新しい技術でありながら、現在では当たり前の存在となった。目まぐるしく変化を続けるクラウドへの理解を深めるため、市場の中でも特に成長が著しいIaaS領域に着目し、世界の主要ベンダーとその動向をみていこう。(2020/7/22)

「glee」ヘザー・モリス、親友ナヤ・リヴェラをお互いの子どもたちの写真で追悼 「何かあれば最初に頼る相談相手だった」
「一緒に写真なんて撮らなかったよね。私たちの友情に証明なんていらなかったし」(2020/7/16)

Googleフォト、LINEやTwitterなどの写真の同期がデフォルトでオフに(新型コロナ対策で)
「Googleフォト」アプリの、端末内の他アプリの写真・動画フォルダの「バックアップと同期」の設定がデフォルトでオフになった。新型コロナでネット経由のコンテンツ共有が増加する中、リソースを節約するのが目的としている。LINEやTwitter、Instagramなどの設定がオフになっている(変更可能)。(2020/6/30)

#BLMを表明する米IT企業トップたち
黒人男性ジョージ・フロイド氏の白人警官の暴行による死を契機に高まっている「#BLM(Black Lives Matter)」に、AppleやGoogleをはじめとする多数の米IT企業のCEOが人種差別反対を表明した。(2020/6/5)

Snapchat、トランプ米大統領のアカウント宣伝停止を宣言 「平等のために努力して欲しい」
Snapchatが、人種間の暴力を扇動する人物の声は宣伝しないとして、トランプ大統領の公式アカウントのディスカバーでの表示を停止した。トランプ氏の選挙チームはこれを「不正で違法だ」と抗議した。(2020/6/4)

NetflixとSnapchat、新型コロナの“巣ごもり需要”で予測を上回る増収増ユーザー
新型コロナウイルス感染症の拡大防止のために家に留まる人が急増する中、動画サービスのNetflixとソーシャルアプリ「Snapchat」のSnapが1〜3月期の業績を発表した。いずれも売上高とユーザー数が大幅に増加した。(2020/4/22)

「オンライン会議中に上司がポテトになった」 在宅勤務のほっこりハプニング、マイクロソフトも「面白すぎ」
本人も「私がポテト上司です」。(2020/4/2)

Twitterまで「ストーリー」のような新機能「Fleet」 まずはブラジルでテスト開始
Twitterが、24時間で消えるややプライベートな投稿機能「Fleet」のテストをブラジルで開始した。Snapchatが2013年に始め、InstagramやLINEも追従する「ストーリー」とほぼ同じような機能だ。(2020/3/5)

女子高生が使う写真アプリを「マツコの知らない世界」が紹介 App Storeランキングが大変動
アプリのダウンロードにおいて、テレビの影響は大きい。(2020/2/25)

Huawei、独自アプリストア「Huawei AppGallery」を日本でも開店
Huaweiが新製品発表イベントで、独自アプリストア「Huawei AppGallery」を発表した。日本を含む170以上の国と地域で利用できる。米国の禁止令により、Huaweiの新端末ではGoogle Playストアを含むGoogleのアプリを利用できない。(2020/2/25)

Twitter、SNSのストーリー編集アプリのChroma Labsを買収
Twitterが、InstagramやSnapchatの「ストーリー」編集用アプリ「Chroma Stories」の開発元Chroma Labsを買収した。Chroma Storiesの提供は終了する。(2020/2/19)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。