ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ミランダ・カー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ミランダ・カー」に関する情報が集まったページです。

スピン経済の歩き方:
世界一の印刷インキメーカーが、「食べられる藻」を40年以上前からつくり続ける理由
子どものころソーダ味のアイスを食べて、舌が青色になった人も多いのでは。鏡を見てびっくりした経験があるかもしれないが、いまのアイスを食べても同じように青くなるのだろうか。ならないのである。なぜ青くならないのか気になって調べたところ、意外な事実が判明して……。(2018/11/6)

「信じましたやん」「やられたー」 小籔千豊、シックスパック目立つ腹筋公開に一本取られる人続出
ある意味安心した。(2018/8/26)

SnapのシュピーゲルCEO、「Facebookはうちのデータ保護もまねすればいいのに」
FacebookやInstagramに機能をまねされ続けている「Snapchat」を提供するSnapのエヴァン・シュピーゲルCEOが対談で、「うちのデータ保護方法もまねしてくれればいいのに」と語った。(2018/5/31)

ゴールデングローブ賞、黒づくめドレスで「TIME’S UP」と大盛況 陰では批判もちらり
翌日セクハラを告発された賛同者も。(2018/1/10)

スピン経済の歩き方:
なぜ「トクホ」はシニアよりも若者に人気なのか
働く人たちの間で「朝トクホ」なるものが定着してきている。体脂肪に頭を悩ますおじさん世代がこぞって買い求めているイメージを抱くかもしれないが、意外にもこの動きを後押ししているのは、「20〜30代」だという。(2017/10/31)

モテクリエイター菅本裕子、C CHANNEL発表会で「モテるためのサマンサタバサ」実演
安定の女子力。(2017/7/14)

動画メディア「C CHANNEL」で「サマンサ」販売 人気ブランド投入で新規顧客獲得へ
女性向け動画サービス「C CHANNEL」が、サマンサタバサジャパンリミテッドと協業。C CHANNELのECサイトで、Samantha Thavasaの商品を取り扱う。新規顧客の獲得が狙い。(2017/7/14)

「みそパウダー」発売:
マルコメ、ミランダ・カーと異色“みそコラボ”のワケ
マルコメが、トップモデルのミランダ・カーさんとのコラボ商品「オーガニックみそパウダー」を発表。みその需要が落ち込む中、ミランダさんの知名度を生かし、これまでリーチできなかった若い男性など新たな顧客層の獲得を目指す。(2017/7/10)

本当にJKなの? 女子高生AIりんなの迷言10連発
(2017/3/22)

なぜ? 米版VOGUE誌で日本人の格好で撮影された写真に批判、モデルが「文化を横取りした」と謝罪へ
「多様性」を打ち出した表紙も人種差別的だと批判されました。(2017/2/17)

「モーニングみそ汁」発売:
みそ汁×モー娘? 老舗マルコメがなぜ
マルコメがアイドルグループ「モーニング娘。'17」とコラボした新商品「モーニングみそ汁」を発表した。みそ需要が減る中、老舗みそメーカーはどのような戦略を立てているのだろうか。(2017/1/12)

あざとかわいいオーランド・ブルームのウサ耳姿が女性たちのハートを撃ち抜く 「心が砕け散った」
イケメンはウサ耳の取り扱いにくれぐれも注意してほしい。(2016/11/30)

本当に女子高生? 「りんな」の“荒ぶり回答”3選
LINEでりんなと仲良くなれる。(2016/8/1)

「イエスって言ったよ!」 ミランダ・カーが婚約発表、7歳年下のSnapchat CEOと
「イエスって言ったよ!」がかわいい。(2016/7/21)

身もふたもないアドバイスをしてくる女子高生AI「りんな」
言いたいことは分かるが。(2016/7/19)

はいてないので安心できない ミランダ・カーが雑誌の表紙でとにかく明るい大胆ヌードを披露
安心できなくてよかった。(2015/12/13)

スーパーモデルが美しすぎる授乳写真を投稿 有名なアレの完全再現だと話題に
ニコール・トルンフィオさんがやってくれました(2015/5/31)

“大麻”のオイルが流行し始めているらしい
えっ、大麻!?(2015/4/7)

週末アップルPickUp!:
「Apple Watch」は女子にうける予感
女性から見たApple Watchの印象は?(2014/9/12)

ソーシャルインフルエンス:
「インフルエンスの波」をつくった――数少ない成功事例
「自閉症」について知っている人は少ないが、どのようにすればこの発達障害を広めることができるのだろうか。子どもたちを支援するNPOは考えた末、Facebookを使うことにした。その結果……。(2012/7/27)

映画ウラ事情:
日本のCMでハリウッドスターをよく見かけるようになったのは、なぜ?
10年ぶりの新作がヒット中の『メン・イン・ブラック3』。「えっ、10年ぶり?」とならないのは、缶コーヒーのCMでトミー・リー・ジョーンズがおなじみだから?(2012/6/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。