ニュース
2015年05月26日 11時28分 UPDATE

Google I/Oで発表されそうなことまとめ

「Android M」やHuawei製Nexus端末、Google+から独立する写真編集アプリなど、今週開催されるGoogle I/O 2015で発表されるとうわさされているものをまとめてみた。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleの年次開発者会議「Google I/O 2015」が5月28日(現地時間)から2日にわたって開催される。セッションのスケジュールが公開されたこともあり、これまでのうわさをまとめてみた。

 io 1 Google I/Oの公式サイト

Android M関連

 昨年のGoogle I/Oと同様に、次期Androidが発表されるとみられる。Google I/Oの段階では現行のAndroid 5.0 Lollipopの発表時と同様に、「M Developer Preview」あるいは「Android M」として披露される見込み。

 米Android Policeは、Google社内では次期Androidを「Macadamia Nut Cookie(MNC)」と呼んでいるとしているが、今秋とみられる正式版リリースにこの名称が適用されるかどうかは不明だ。

 Android Mについてはこれまでに、指紋認証機能、Android WearのiPhone対応Google Now APIの一般公開、自動車(Android Auto)/スマートホーム関連の新機能などのうわさが浮上している。

新Nexus端末

 韓国LG Electronics製の5.2インチの「Nexus 5(2015)」と中国Huawei製の5.7インチ「Nexus 6(2016)」が発表されるといううわさがある。

 タブレットについては、Google I/Oでは新端末が発表される可能性は低そうだ。

IoT向けAndroid「Brillo」

 IoT(モノのインターネット)向けOS発表のうわさについてはこちらの記事を参照されたい。

写真編集アプリのGoogle+からの独立

 サンダー・ピチャイ氏が3月に言及しているGoogle+の2分割が正式に発表される。Google+はソーシャルサービスの「Streams」と写真編集ツールの「Photos」に分かれる見込みだ。

 Android PoliceがPhotosのスクリーンショットとみられる画像を多数紹介している。

仮想現実HMD向けAndroid

 3月に米Wall Street Journalが報じた「仮想現実HMD向けAndroid」が発表されるかもしれない。

 同社は昨年のGoogle I/Oで、Androidスマートフォンを簡易HMDにするダンボール製「Cardboard」を発表した。

 Google I/Oのスケジュールをみると、「Google VRデザインチーム」による「Desigining for virtual reality」や、“VRの働きとVR体験のデザインに関する”セッション「Make Believe」などが予定されている。

 io 2 「Designing for virtual reality」セッションの概要

その他

 プロジェクト AraおよびTangoの進捗、Chromecastの新モデル、Google WalletGoogle Glassなどについても発表があるかもしれない。

 Google I/Oの基調講演は、28日午前9時半(日本時間の29日金曜日の午前1時半)から。基調講演は、Google I/Oのサイトでライブストリーミングされる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -