ニュース
2015年06月08日 12時59分 UPDATE

「海猿」原作者・佐藤秀峰さん、フジテレビと和解 「続編前向き」報道には反論

「海猿」原作者の佐藤秀峰さんが「絶縁」宣言していたフジテレビと和解した。ただ、「海猿の続編にも前向き」と伝えた報道には反論している。

[ITmedia]
画像 佐藤さんのnoteより

 海上保安官を描いた漫画作品で、フジテレビでテレビドラマ化・映画化された「海猿」原作者の佐藤秀峰さんは6月6日、「絶縁」宣言していたフジテレビと和解したと発表した。

 佐藤さんは2012年、フジテレビ報道スタッフが事務所にアポなし取材に訪れたことや、「海猿」関連本を無断で出版したことに怒り、「フジテレビと絶縁する」と宣言していたが、5月27日に和解したという。

 佐藤さんの「note」などによると、フジテレビはアポなし取材について、佐藤さんに謝罪文を送付。佐藤さんの許諾を得ることなく「海猿」関連本の出版を許諾したことも認め、「佐藤秀峰先生の著作権を違法に侵害する行為であり、慚愧(ざんき)に堪えません」などと謝罪する文書を公式サイトで公開した(PDF)。

画像 フジテレビが公開した文書

 佐藤さんはnoteで、「和解が成立したということで、例えば今後、フジテレビから『海猿』の続編製作の希望などをいただいた場合には、交渉を拒否することはございません」とコメントしている。

 一方、和解を受けて「海猿の続編にも前向き」と伝えた報道にはTwitterで反論。「フジテレビの件、さっそく各所で記事になっておりますが、取材はどこからも受けていません。なぜ『続編にも前向き』と書けるのか、理解に苦しみます」とツイートしている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -