ニュース
2015年07月13日 11時00分 UPDATE

教えて! 絵師さん:愛しい彼女に触れたいドキドキを絵に込めて 賀茂川さん

京都市営地下鉄のキャラクターなどを手掛ける賀茂川さん。女の子を描く時に意識しているのは「愛しさ」だそうです。

[山崎春奈,ITmedia]
photo HUGTON(クリックでpixivへ)

クリエイター:賀茂川

Webサイト:KAMOGAWA GRAPHICS

pixiv:賀茂川/Twitter:@kamogawasodachi

 本格的にイラストを勉強し始めたのは2012年前後なのですが、絵画自体にはずっと親しんできました。物心ついた時には芸術が好きな叔母が集めていた洋画、日本画の全集をながめていた覚えがあります。アングルの「泉」はなんてエロいんだ、ドラクロワの絵はなんてかっこいいんだ……祖母が厳格な人だったのでエロへの制限がかなり厳しく(笑)私の性の目覚めは間違いなく名画がきっかけでしたね!

 小さなころは、写生好きな祖母と庭のベゴニアや朝顔をよく描いていました。もう亡くなってしまいましたが、蚊に刺されながら一緒に木々を描いた日々がなつかしいです。母は私を生む前は中原淳一タッチのファッションイラストを描いていたそうなのですが、そんなことはまったく知らなかったので、ある日昔のスケッチブックを見つけて驚きました。京都市交通局の仕事を見た母に「あんたは林静一になりたいんか?」と言われたこともあります。関心がないと思っていた母の口からその名前が出たことに、再び驚きました。

 現在はフリーランスのイラストレーターですが、ここに至るまでさまざまな職業を転々としてきました。今こうして描くことを生業としているのは、なるべくしてなのかもしれません。京都地下鉄キャンペーンのイラストを描かせていただいたことをきっかけに、企業のイメージキャラクターなどのお仕事をいただくようになりました。

 この1年超は食事と睡眠以外の時間ははずっと絵を描いています。描いていない時間は1カ月に1〜2日あるかどうかといったところです。もっと手を速くして、プライベートの時間や仕事以外の絵を描く時間も大切にしたいです。

 作画は、ほぼ全工程を「CLIP STUDIO PAINT」「Cintiq 24HD」で作業しています。以前は板タブだったのですが液タブにしてから作業効率が上がりました。ただ板タブ時よりも前傾姿勢になるせいか、背中のコリが激しいので、椅子を前傾できるものに変えようかなと考えています。

 キャラクターを描く上で目標にしているのは、どれだけ多くの情報を取り込み、どれだけシンプルにそれを落とし込むか。ベースは実在する人物のことが多いのですが、五感を大事にして情報量を多くすることを意識して描いています。

 例えば髪を描くなら、実際に髪に触れたい――髪の質感や匂いなどもあるのですが、触れた時のドキドキ感なども大切にしたいなと思っています。シンプルなアニメ調なのに愛しい気持ち、触れたくなるような感覚を見ている人が覚えてくれるような、そういう絵が描きたいです。

 絵を描くようになってから、今まで出会わなかったような感性の方たちとご一緒することが多くなってとても刺激になってます。絵だけではなく、音楽に関わる人たちとの出会いがあったり、人が人を呼んでつながっていく感覚がとても嬉しいです。本当に面白い方たちばかりで、自分ももっと変態にならないとと思わされる日々です!

教えて! 自慢の1枚

HUGTON

 たくさんのご縁を作ってくれた作品です。大好きなイラストレーターのほそおさんが女の子のイラストのコメントに貼っていた「かせきさいだぁ」のMVに刺激され、同氏のキャラクター「ハグトン」をモチーフに描きました。のちに、実際にCD「かせきさいだぁのアニソング!! バケイション!」の販促ステッカーに使っていただきました。

 まったく別のご縁から一緒に作品を作ることになった映像作家・きたむらみなみさんが「かせきさいだぁ」のMV制作に参加されていて「あれ? この絵知ってる!」と気付いてくださったり、京都地下鉄キャンペーンポスターのデザイナーの方も「かせきさいだぁ」のファンだったり。自分で描いたものですが、私を今のお仕事につなげてくれた、とても感謝している1枚です。

N-3B

photo N-3B

 好きな部分、こうしたいなと思ったことが自分なりに上手く消化できた1枚です。最近は技術は少しずつ上がってきている実感はあるのですが、この絵を描いた時のようないい感じの抜けた感覚から離れていると感じていて、この時のような感覚で描きたいな〜とよく見返しています。

太秦その(うずまさ・その)

photo 太秦その

 「京都学園大学」のイメージキャラクターとして、アニメーションCMにもしていただきました。ポージングもごく普通の立ち絵ですし、デザイン的にも個性を追求したわけではないのですが、大学のイメージキャラクターというある程度の制限がある中、キャラクターをつくる上で大事にしている「愛しさ」と自分の個性が上手く表現できたかなと思っています。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -