ニュース
2015年11月09日 17時53分 UPDATE

「できることは全てやった」――「あかつき」12月7日に金星軌道再投入 (1/2)

「できることは全てやったつもりだ。本番を成功で乗り切りたい」――金星探査機「あかつき」が、金星軌道再投入に挑む。初音ミクもついに金星へ!?

[岡田有花,ITmedia]

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は金星探査機「あかつき」(PLANET-C)を、12月7日に金星周回軌道に再投入する。2010年に軌道投入に失敗してから5年。今回がラストチャンスだ。「われわれは全力を尽くした。できることは全てやったつもりだ。本番を成功で乗り切りたい」と、中村正人プロジェクトマネージャは決意を述べる。

画像

 あかつきは、金星の大気の運動や雲の形成過程などの観測を目的とした惑星気象衛星で、2010年5月に打ち上げられた。同年12月7日、金星周回軌道に投入される予定だったが、メインエンジンが故障して失敗。現在は太陽周回軌道を回っている。

画像 左から廣瀬主任研究員、中村プロジェクトマネージャ、今村剛プロジェクトサイエンティスト=JAXA TVのストリーミング中継より

 再び金星に近づく今年12月7日、5年ぶりに軌道投入のチャンスが訪れる。燃料は残り少なく、この日が最後のチャンスだ。

 再投入に向けた関門は、1つ1つくぐり抜けてきた。当初の予定より太陽に近い軌道を回っているため、厳しい熱環境にさらされてきたが、機体は耐え抜いている。今年7月には姿勢制御エンジンを使い、3回に分けて軌道を修正。再投入の軌道に乗せる準備は整った。


画像
画像

 投入は12月7日の午前中に行う。金星に外側から近づき、後ろに回り込んだところでエンジンを20分間噴射、金星周回軌道に乗せる計画だ。メインエンジンは故障しているため、姿勢制御エンジンを使って軌道を修正する。

 姿勢制御エンジンは探査機のトップ側とボトム側にそれぞれ4基ずつある。まずトップ側のエンジンを20分間噴射し、その後、自動で姿勢を反転させ、ボトム側エンジンの噴射に備える。トップ側エンジンの噴射だけで軌道に投入できなかったと判断した場合は、ボトム側のエンジンを噴射するよう地球から指令を送る。軌道投入に成功したかどうかは、7日〜9日にあかつきからのデータを受信して判断。9日に発表する。


画像
画像

 今度こそ軌道投入に成功するよう「毎日のように最終チェックしている」と、探査機のエンジニアリングを担当する廣瀬史子 研究開発部門第一研究ユニット主任研究員は話す。「考え漏らしなどないよう準備してきたが、7日まで不具合のことをよくよく考えて対策を採っていけたら」。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -