ニュース
2015年11月14日 07時37分 UPDATE

Microsoft、「Office 2016」のプレビュープログラム「Office Insider」を立ち上げ

Microsoftが、「Windows 10」の「Windows Insider」と同じように「Office 2016」の新機能を正式版リリースの数週間前に試せるプレビュープログラム「Office Insider」をコンシューマー版「Office 365」ユーザー向けに立ち上げた。まずは米国のWindowsおよびAndroidユーザー向けだが、米国以外でも、まだMac向けにも提供していく見込み。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは11月13日(現地時間)、「Office 2016」に今後のアップデートで追加される新機能を正式リリース前に試せる「Office Insider」プログラムを立ち上げたと発表した。

 まずは米国の「Office 365 Home」「Office 365 Personal」「Office 365 University」で、WindowsおよびAndroid向けに提供し、向こう数カ月中にMac向けも開始する計画。米国以外でも段階的に提供していく。

 insider 1 Office Insider

 Office 2016正式版のOffice 365ユーザーへの提供は9月22日のスタートだった。MicrosoftはOffice 2016のプレビュー版を、3月には企業向けに5月にはコンシューマー向けにリリースしている。

 MicrosoftはOffice Insiderプログラムを、「Windows Insider」プログラムと同様に、正式版アップデート公開前に新機能や問題点に関するフィードバックを集める目的で立ち上げた。Office 2016もWindows 10と同様に、毎月アップデートしていく。Office Insiderプログラムへの参加者は、正式版リリースの数週間前にプレビュー版を入手できる。

 insider 2 Insiderプログラム参加のメリット

 Office Insiderに参加するには、コンシューマー版Office 365(日本の場合は月額1274円の「Office 365 Solo」)の購入が必要だ。参加手続きは、Office 365の「マイアカウント」→「インストール」→「その他のインストールオプション」のバージョンメニューで「Insider」を選択する。

 Office Insider向けの11月のアップデートのプレビュー版は来週中にリリースされ、正式版はその数週間後にリリースの予定。PowerPoint向けの新しいプラグインなどの新機能についてはこちらのページ(本稿執筆現在は英語版のみ)で紹介されている。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -

マーケット解説

- PR -