ニュース
2015年11月25日 17時39分 UPDATE

「Android Pay」でのショッピング1回につきGoogleが1ドル寄付するキャンペーン

Googleが、ブラックフライデーから年末にかけて、ユーザーが「Android Pay」で決済するごとに1ドル(ブラックフライデーは2ドル)を特別支援教育プロジェクトに寄付するキャンペーンを展開する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは11月24日(現地時間)、ユーザーが「Android Pay」で支払いするごとに1ドルを特別支援教育プロジェクトに寄付するキャンペーンを11月27日〜12月31日、米国で展開すると発表した。

 キャンペーン開始日の27日は感謝祭の翌日でいわゆる「ブラックフライデー」で、米国でのショッピングの年間でのピークの1つ。同日は1回の決済につき2ドルを寄付する。なお、このキャンペーンは100万ドル(約1億2000万円)の上限に達したら終了する。

 androidpay

 Android PayはGoogleが5月に発表したモバイル決済サービス。9月10日から米国でのみ提供されている。Android 4.4(コードネーム:KitKat)以降の端末で利用できる。Android 6.0 Marshmallow搭載の指紋認証センサー付き端末であれば、Apple Payと同様にリーダーにかざして指紋認証するだけで決済可能だ。

 androidpay 2

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -