ニュース
2015年11月26日 11時59分 UPDATE

ヤフー、博士・ポスドク採用枠を新設 ビッグデータ研究推進

ヤフーは、自然言語処理や機械学習などビッグデータを活用した研究を進めるため、博士号取得者やポスドクの採用枠を新設した。

[ITmedia]

 ヤフーは11月26日、ビッグデータ研究の推進を掲げ、採用枠として博士号修了者などを対象にした「サイエンスプロフェッショナルコース」、Yahoo! JAPAN研究所で任期付きの研究を行う「特任研究員コース」を10月に新設したと発表した。毎年20人前後の博士号取得者や博士研究員(ポスドク)の採用を目指す。

photo ヤフーの採用ページより

 Yahoo! JAPANが運営する100以上のサービスから集めたマルチビッグデータを活用し、自然言語処理や機械学習、画像・音声処理、大規模分散処理、統計モデリング、セマンティックウェブ――など11分野の研究に携わる。研究の成果は、自社の人工知能技術やIoT、広告技術などに導入するほか、国内外の学会でも発表し、他社や研究機関との連携拡大にもつなげる。

 合わせて、従業員の博士号取得にかかる費用を軽減する制度も開始。10月からデータサイエンティスト1人が京都大学大学院 情報学研究科に進学しているという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Loading

ピックアップコンテンツ

- PR -