ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
2016年06月01日 20時06分 UPDATE

ロボットの接客「利用したいと思わない」約4割 課題は「ぎこちなさ」

ロボットの接客を利用したいと思わない人が約4割――クロス・マーケティングが調査結果を発表した。

[ITmedia]

 ロボットの接客を利用したいと思わない人が約4割――クロス・マーケティングが、そんな調査結果を明らかにした。

photo 「全く利用したいと思わない」「あまり利用したいと思わない」という答えが43.3%を占めた。

 コミュニケーションロボットによる接客に対する意向を調査したところ、「全く利用したいと思わない」「あまり利用したいと思わない」という答えが全体の43.3%を占めた。理由としては「会話の微妙なニュアンスなど、人間の接客がよい・勝っている」(27.4%)、「人間より時間や手間が掛かりそう」(26.9%)など、技術面でのぎこちなさや不足感を指摘する声が多い。

 接客ロボットの存在を知っている人は80.1%と高いが、実際に接客を体験したことがある人は7.1%にとどまった。体験した人の評価は「楽しい」(67.1%)、「親しみやすい」(49.4%)、「気軽に利用しやすい」(41.2%)などが挙がっている。

photo ロボットによる接客の体験有無と体験者の評価

 ロボットの接客に「非常に抵抗がある」「抵抗がある」と答えた人は25.1%。半数程度が「抵抗はないが、違和感がある程度」(48.5%)と答えている。

photo ロボットの接客への抵抗感の有無

 調査は、関東1都3県の男女20〜79歳、1200人を対象に、5月14〜15日に行った。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.