ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
2016年06月06日 16時07分 UPDATE

TBSラジオ、ポッドキャスト終了 10年超の歴史に幕 「収益化のめどが立たないため」

TBSラジオが6月末でポッドキャスト配信を終了。ストリーミング型の新サービス「TBSクラウドラジオ」に移行する。

[山崎春奈,ITmedia]

 TBSラジオは6月6日、放送済みのラジオ番組のポッドキャスト配信を30日で終了すると発表した。ストリーミング型の新サービス「TBSラジオクラウド」に移行し、今後もコンテンツ配信は続ける。

photo TBSラジオクラウド
photo 約30番組をポッドキャストで配信

 同局はポッドキャストを2005年10月にスタート。「伊集院光 深夜の馬鹿力」「爆笑問題カーボーイ」「安住紳一郎の日曜天国」「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」など約30番組の過去放送分やオリジナルコンテンツを配信してきた。

 局を横断したストリーミングサービス「radiko.jp」が生まれる以前に、ネットユーザーにもラジオの面白さを知ってもらいたい、親しんでもらいたいという思いで提供を始めた。スマートフォンで音楽を聞く文化の浸透、欧米が先行したポッドキャストの流行などもあり、直近では月間コンテンツダウンロード数5000万、ユニークブラウザ数300万と、“世界有数のポッドキャスター”に成長していたという。

 終了の理由は「現状の運用ではマネタイズできるめどが立たないため」。維持費や管理費を鑑みると、経営的にはクローズの判断をせざるを得ないが、これだけユーザーがいる以上、なんとかして存続できないか――と、1年以上かけて検討を重ねたという。

 広告商品も検討したが、ダウンロード型である以上、実際のアクティブユーザー数の把握が難しいことがネックになった。有料化への移行という案もあったが、これまでのユーザーになるべく変わらず使ってもらいたい。ラジオ局として新たなビジネスを模索する上でも、ストリーミングサービスを新たに立ち上げ、従来と違うマネタイズを目指す結論に至ったという。

ダウンロード型からストリーミングへ 新たなマネタイズを模索

photo 会員登録すると過去のエピソードも聞ける

 新サービス「TBSラジオクラウド」はポッドキャストと同様のコンテンツをそろえ、最新のエピソードは誰でも、過去のエピソードは会員登録すると聴取できる。現在はPC/スマートフォンともにブラウザ上での動作だが、今後アプリ化も視野に入れる。

 広告モデルとしては、個人の好みや属性に合わせた音声広告を番組中で配信する「プログラマティック・オーディオアド」を年度内に導入予定だ。「欧米では普及が広がっているが、国内ではまだ事例は少ない。新たなラジオの広告源にできれば」(担当者)

 「長く愛していただいたポッドキャストを終えるのは心苦しいが、本来は終了だったところを違う形で存続できるよう努力した結果の新サービス。インターネットを通じてコンテンツの届く先が増えるのはコンテンツ制作側として喜ばしいこと。聴取率だけでなく、アクティブ率やリアクションも分かるようになっている今、時代に合わせた新しいビジネスモデルに挑戦していきたい」(担当者)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.