ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2016年10月27日 08時30分 UPDATE

「ペイント」も3Dに:「Windows 10」の来春アップデート「Creators Update」(Redstone 2)の新機能

Microsoftがコードネーム「Redstone 2」とされていた来春予定のWindows 10の次期アップデート「Creators Update」の主な機能を発表した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Microsoftは10月26日(現地時間)、ニューヨークで開催したイベントで、「Windows 10」の次期アップデート(コードネーム:Redstone 2)の新機能について発表した。

 8月の「Anniversary Update」に次ぐ大幅アップデートの名称は「Creators Update」。名前が体現するように、3Dやブロードキャスト機能など、クリエイター向けにフォーカスしたアップデートになっている。

 windows 1 「Creators Update」を発表するテリー・マイヤーソン上級副社長

Windowsアクセサリの「ペイント」が「ペイント 3D」に

 Windowsのアクセサリとして古くからある描画ツール「ペイント」がアップグレードし、「ペイント 3D」になる。

 イベントのデモでは、Windows 10 Mobile端末で撮影した物体をペイント 3Dに取り込んで3D画像に加工する様子が披露された。デモを行ったジェネラルマネジャー、ミーガン・サンダース氏は、このアプリ(ペイント 3Dのことかどうかは不明)は将来的にはiOSおよびAndroid向けにも提供すると語った。

 写真を使わずに、アプリ内で1から3Dオブジェクトを作ることも可能だ。作成した3D画像は、ステッカーとしても使えるという。

 win 2 ペイント 3D

Officeにも3D

 「2017年中に」OfficeのWord、Excel、PowerPointにも3D画像を取り込めるようになる。ペイント 3Dやその他の3Dアプリで作成したものや、Microsoftが運営する3D画像共有コミュニティ「Remix 3D」上の画像を取り込める。

 PowerPointのプレゼン資料に3D画像を取り込めば、プレゼンテーション中にそれを回転させて見せることも可能だ。

HoloLensとの連係

 MicrosoftのAR HMD「HoloLens」もWindows 10を登載するので、Creators Updateで新機能が使えるようになる。発表イベントでは、HoloLens上のEdgeブラウザで表示したオンラインインテリアショップの椅子の3D画像を摘んでAR空間に並べてみるというデモが行われた。

 win 3 HoloLensのデモ

サードパーティー製VR HMDは299ドルから

 Microsoftは6月、HoloLensのプラットフォーム「Windows Holographic」を、多数のハードウェアメーカーに提供すると発表した。Creators Updateにより、多数のメーカーが発売するWindows 10対応MR(Mixed Reality) HMDを利用できるようになる。HP、Dell、Lenovo、ASUS、Acerが発売する見込みだ。価格は競合するVR HMDよりかなり安い299ドルから。

 win 4 安価なMR HMDも登場の予定

Xbox Oneでのゲーム実況が手軽に

 ゲーム端末「Xbon One」もWindows 10を登載する。同端末での新機能として、「Xbox Live」でのゲーム実況を簡単にできる「Beam」が発表された。

 Beamは、Microsoftが8月に買収したインタラクティブゲーム実況サービス企業Beamのサービスだ。Beamでの実況の視聴者は、リアルタイムで実況者とコミュニケーションできる。

大事な人との連絡手段を1カ所にまとめる「MyPeople」

 「ピープル」に登録してあるユーザーで頻繁に連絡する相手をWindowsのタスクバーにピンしておくと、そこからメール、メッセージング、Skypeなどの様々な手段でやり取りを開始できる「MyPeople」機能が追加される。

 win 5 MyPeople

 このカードに文書や画像をドラッグ&ドロップするだけで、相手にそれらを送ることもできる。相手から何かしら受信したときは、プッシュ通知が表示される。

 Creators Updateのリリースは2017年春。具体的な日時はまだ発表されていない。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.