ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年01月25日 13時00分 UPDATE

世界初のPC内蔵型「Ultra HD Blu-ray」対応ドライブ、パイオニアが発売 4K、HDR対応

パイオニアは、4Kコンテンツを収録できる「Ultra HD Blu-ray」対応のPC内蔵型ドライブを2月に発売する。

[ITmedia]

 パイオニアは1月24日、4Kコンテンツを収録できる「Ultra HD Blu-ray」の再生に対応した世界初(同社)のPC内蔵型BD/DVD/CDライター2製品「BDR-S11J-BK」「BDR-S11J-X」を発表した。2月下旬に発売する。

photo

 Ultra HD Blu-rayは、3840×2160ピクセルの映像を収録できる光学メディア。従来のBlu-rayが対応する1920×1080ピクセルの4倍の解像度を持ち、映像の明るさ情報を記録して鮮やかな色調で表現できるHDR(ハイダイナミックレンジ)にも対応する。

 Ultra HD Blu-rayの再生は付属ソフトウェア「PowerDVD14」を使用する。動作環境は、対応OSがWindows 10、プロセッサはデスクトップ向け第7世代Core i7/i5プロセッサ(Kaby Lake-S)およびノートブック向け第7世代Core i7/i5プロセッサ(Kaby Lake-H)、グラフィックスはIntel HD Graphics 630(内蔵GPU)、メモリは6GB以上など。

 他にHDMI2.0aやHDCP 2.2規格に対応したディスプレイが必要となる。再生環境の確認用として、自動判別ツールをパイオニア公式サイトで後日提供するという。

 「今後、ポータブルタイプを含め“Ultra HD Blu-ray”対応ドライブのラインアップを拡充していく」(同社)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.