ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
2017年02月03日 13時18分 UPDATE

Google、日本語サイトの評価方法を変更 検索上位狙う「低品質なコンテンツ」の順位ダウンへ

継続的にWebサイトの品質評価アルゴリズムの改善を行うという。

[ITmedia]

 Google日本法人は2月3日、日本語検索結果に影響を与えるWebサイト評価方法を改善したと公式ブログで発表した。「検索結果のより上位に自ページを表示させることに主眼を置く、品質の低いサイト」の検索順位を下げるという。

photo

 ユーザーに有用な情報を届けることよりも、SEO対策などによって検索上位に表示されることを主目的とした「品質の低いサイト」(同社)の順位を下げるのが狙い。「オリジナルで有用なコンテンツを持つ高品質なサイトが、より上位に表示されるようになる」という。

 昨年、ディー・エヌ・エー(DeNA)の医療情報キュレーションサイト「WELQ」に掲載されていた、Web検索順位の高い記事に「信頼性の薄い内容が含まれている」と指摘が相次いだのを発端に、各社がキュレーションサイトの掲載内容を見直す動きが広がっている。Googleは「この変更で、Googleが認識する日本語検索の問題すべてを解決できるとは考えていない」としつつ、「継続的にサイトの品質評価アルゴリズムのさらなる改善を行う」としている。

→・キュレーションメディア“狙い撃ち” Google検索、アルゴリズム変更の狙い

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.