ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
2017年03月17日 09時42分 UPDATE

ハッキングコンペ「Pwn2Own」、今年も中国チームの独壇場 EdgeもSafariも破られる

Adobe ReaderやMicrosoft Edge、Apple Safariなどが次々と中国チームに破られた。

[鈴木聖子,ITmedia]

 Trend Micro傘下のセキュリティ研究機関Zero Day Initiativeが主催するハッキングコンペ「Pwn2Own 2017」が、今年もカナダ・バンクーバーのCanSecWest会場で3月15日〜16日にかけて開かれた。

 今年で10回目を迎えるPwn2Ownは過去最大の規模となり、賞金は総額で100万ドル以上。11チームが参加してハッキングの腕を競った。

 初日の15日はまず、中国のQihoo 360チームがAdobe Readerを破ったのに続き、ドイツの研究者2人がApple Safariを部分的に破ることに成功した。

photo Pwn2Ownに出場したTencentチーム(出典:Zero Day Initiative )

 中国のTencentチームはMicrosoft EdgeとAdobe Readerのハッキングを成功させる一方で、Google Chromeに対する挑戦は失敗に終わった。

 中国のChaitinチームもUbuntu LinuxとSafariのハッキングに成功。Safariに挑んだ別の研究者は制限時間内に破ることができなかった。

 2日目は参加者の数が多かったことから、MicrosoftとAdobeの製品をターゲットとする部門と、AppleおよびMozilla製品をターゲットとする部門に分かれて開催された。Qihoo 360とTencentのチームが、Adobe FlashやEdge、Apple macOS、Safariなどを次々に破っている。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.