ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
2017年03月24日 09時29分 UPDATE

Android端末の約半数、2016年中に更新されず

Googleの年次報告書によると、2016年末の時点で使われていた端末のうち、同年中にプラットフォームセキュリティアップデートを受け取っていなかった端末は約半数に上った。

[鈴木聖子,ITmedia]
photo Googleによると、Android端末の約半数は、2016年中にプラットフォームセキュリティアップデートを受け取っていなかったという

 米Googleは3月22日に発表した2016年のAndroidセキュリティに関する年次報告書の中で、2016年末の時点で使われていた端末のうち、同年中にプラットフォームセキュリティアップデートを受け取っていなかった端末が約半数に上ることを明らかにした。

 Googleは2015年8月から、Androidの脆弱性を修正するセキュリティアップデートを月例で公開するようになり、PixelとNexus向けにはOTA(無線経由)でアップデートを配信している。しかし、それ以外の端末についてはメーカーやキャリアなどのパートナー任せになっているのが現状だ。

 この状況についてGoogleは、「まだ大幅な改善の余地がある」と認め、メーカーがセキュリティパッチを配信しやすくなり、ユーザーがそのパッチを適用しやすくなるよう努めると説明した。

 マルウェア対策では、ユーザーの端末に「潜在的有害アプリ」(PHA)がインストールされていないかどうか定期的にチェックするツール「Verify Apps」を使って、2016年の1年間で7億5000万回のチェックを行い、Android使用上位50カ国でPHAのインストール率を削減できたと報告している。

photo Google Security Blog

 公式アプリストアのGoogle Playからしかアプリをダウンロードしていない端末の場合、PHAの感染率は0.05%にとどまり、2015年の0.15%から減少した。

 一方、Google Play以外からもアプリをインストールしている端末の場合、2016年末の時点でPHA感染率は0.71%と、2015年初めの0.5%より上昇した。「2017年は、たとえどこからアプリを入手しても、PHAに感染する端末の数を減らすことができると思う」とGoogleは予想している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.