ITmedia NEWS > STUDIO >
連載
2017年08月22日 07時00分 UPDATE

ゆとり記者が聞く:少年ジャンプ編集部、騒然 「スマホと指で描いた漫画」がルーキー賞 新人漫画家あつもりそうさんの素顔 (1/4)

「スマホと指で描いた漫画」が集英社の漫画賞を受賞した。20歳の新人漫画家は、なぜ漫画制作でスマホを手に取ったのか。

[村上万純,ITmedia]

 スマートフォンだけで描いた漫画が、集英社の漫画賞を受賞した――ある日、そんな“事件”が週刊少年ジャンプ編集部を騒がせた。

 それも、タッチペンなどは一切使わずに指だけで描いたというから驚きだ。現在20歳の新人漫画家あつもりそうさんは、『あなたが恋と言うのなら』で、「週刊少年ジャンプ」主催の「矢吹健太朗 漫画賞」で2016年に奨励賞を受賞した。

ジャンプ あなたが恋と言うのなら』(作:あつもりそうさん)

 選考をした編集部もまさかスマホで描いた作品だとは気付かず、その後の打ち合わせの何気ない会話で、初めてその事実を聞かされて衝撃を受けたという。

連載:ゆとり記者が聞く

小学生の頃には携帯電話とインターネットが身近にあった「ゆとり世代」の記者が、いま気になる若手をインタビュー。一般的に「競争が苦手」「自主性がない」とされるゆとり世代の正反対をいく、活躍する若者の共通点とは?


あつもりそうさん スマートフォンで描いた漫画で漫画賞を受賞したあつもりそうさん。好きな作品は「青の祓魔師」(あおのエクソシスト、集英社)
ジャンプ 週刊少年ジャンプ編集部の籾山悠太さん

 あつもりそうさんの担当編集を務める週刊少年ジャンプ編集部の籾山悠太さんは「スマホで描いただけで驚きなのに、しかも指でと言われてさらに驚いた。タブレットにタッチペンならまだ想像できるが、スマホと指は想像がつかない」と舌を巻く。

 『あなたが恋と言うのなら』は、17年8月時点で第1話(全28ページ)が漫画投稿サイト「少年ジャンプルーキー」に掲載されている。学校を舞台にした青春ラブコメで、少年少女の“すれ違い”を中心に物語が進んでいく。細かなキャラの表情や、背景の描き込みなどを見ると、まさかスマホで描いたとは気付かないだろう。

 全28ページの漫画をスマホの小さい画面で描く――どんな作業をするのか、どれほどの時間がかかるのか、素人には全く見当がつかない。「今はPCとペンタブで漫画を描いている」というあつもりそうさんは、なぜペンではなくスマホを手に取ったのか。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.