ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年09月15日 11時53分 公開

Samsung、3億ドル(約331億円)の自動運転技術向けファンド設立

Samsung Electronicsが、自動運転技術への投資を目的とした3億ドル規模の「Samsung Automotive Innovation Fund」を設立し、まずはオーストリアのADAS企業TTTechに出資した。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 韓国Samsung Electronicsは9月14日、自動運転技術ベンチャーなどへの投資を目的とした総額3億ドルの投資ファンド「Samsung Automotive Innovation Fund」を設立したと発表した。

 スマートセンサー、マシンビジョン、AIなどを含むコネクテッドカーおよび自動運転技術の関連企業に投資する。

 まずは「ADAS(先進運転支援システム)」を手掛けるオーストリアのTTTechに7500万ユーロ(約10億円)出資した。

 auto 1

 同社はまた、昨年11月に買収した米音響機器メーカーHarman International Industriesと共同で、自動運転およびADASに関する戦略を推進する部門「SBU」を設立したことも発表した。「次世代のスマートなコネクテッドカーのためのイノベーションを開発する」という。

 auto 2

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.