ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2017年09月22日 19時25分 公開

写真で見る「東京ゲームショウ2017」 最新VRコンテンツからコンパニオンまで (1/6)

「東京ゲームショウ2017」前半戦・ビジネスデイが終了。VR(仮想現実)関連のタイトルから嗅覚を再現するデバイス、コンパニオンまで、会場の雰囲気を写真で振り返る。

[ITmedia]

 国内最大級のゲーム展示会「東京ゲームショウ2017」(千葉・幕張メッセ、9月24日まで)の前半戦・ビジネスデイが終了した。VR(仮想現実)関連のタイトルに加え、嗅覚や触覚をリアルに再現するデバイスも登場し注目を集めた。

photo スマートフォン「Xperia」(ソニー)のブースには、「ファイナルファンタジー」「初音ミク」「ソードアート・オンライン」など、さまざまなコスプレをしたコンパニオンが登場

 出展タイトル全1317のうち、VR関連タイトルは117を占めるなど充実。コナミデジタルエンタテインメントが出展した、スマートフォンゲーム「ラブプラスEVERY」(今冬公開予定)のVR体験ブースには長蛇の列ができた。

photo ラブプラスEVERY」のブースには長蛇の列

 一方、VR映像(視覚)以外に、嗅覚など別の感覚をプラスする展示も目立った。香りを出せるデバイスを開発するベンチャー企業「VAQSO」のブースには、VR空間でアイドルと触れ合い、シャンプーや香水の香りもする「透明少女」が出展された。ニンニクの匂いが漂う厨房で、ギョーザやラーメンを調理する「カウンターファイト」にも、来場者の視線が集まった。

 このほか、ナマコのざらざらとした質感を再現するデバイス(東北学院大学など開発)や、ユーザーとの会話で“ボケる”人工知能(日本大学など)も登場。こうした展示の数々と、それらを彩るコンパニオンたちなど、ビジネスデイの雰囲気を多数の写真で振り返ってみよう。

photo 360度スピンするVRマシン「GYRO VR
photo
       1|2|3|4|5|6 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.