ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2017年10月11日 15時41分 公開

MSの10月更新プログラムは「緊急」「早期の適用を」 JPCERT/CCが呼び掛け

マイクロソフトの10月の更新プログラムに、「緊急」のものが含まれているとして、JPCERT/CCが早期の更新プログラム適用を呼び掛けている。

[井上輝一,ITmedia]

 JPCERTコーディネーションセンター(JPCERT/CC)は10月11日、マイクロソフトの2017年10月のセキュリティ更新プログラムには深刻度が「緊急」のプログラムが含まれているとして、早期の更新プログラム適用を呼び掛けた。脆弱性を悪用された場合、リモートからの攻撃によって任意のコードを実行される恐れがあるという。

「2017年 10月マイクロソフトセキュリティ更新プログラムに関する注意喚起」

 今回の更新プログラムが修正する脆弱性は、Windows 10やWindows Server 2016、Internet Explorer、Microsoft Egde、Office関連ソフト、Skype for businessやMicrosoft Lyncなどに確認されたもの。

 JPCERT/CCは対策として、「セキュリティ更新プログラムの早期の適用をご検討ください」と注意喚起している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

「Windows 7」サポート終了 対策ナビ