ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2017年11月01日 09時45分 公開

Apple、iOS 11やHigh Sierraのセキュリティ情報公開 KRACKの脆弱性に対処

iOSやmacOS、tvOS、watchOSの更新版で、「KRACK」と呼ばれるWi-Fi関連の脆弱性が修正された。

[鈴木聖子,ITmedia]

 米Appleは、10月31日にリリースした「iOS 11.1」「macOS High Sierra 10.13.1」などに関するセキュリティ情報を公開し、「KRACK」と呼ばれるWi-Fi関連の脆弱性を修正したことを明らかにした。

 今回はiOS 11とHigh Sierraの更新版のほか、OS X El Capitan(10.11.6)およびmacOS Sierra(10.12.6)向けのセキュリティアップデートと、「watchOS 4.1」「tvOS 11.1」「Safari 11.1」、さらにはWindows向けの「iTunes 12.7.1 for Windows」と「iCloud for Windows 7.1」が公開された。

photo Appleは10月31日に「iOS 11.1」「macOS High Sierra 10.13.1」などを公開した(出典:Apple)

 このうちiOS 11.1では、KRACKの脆弱性1件のほか、カーネルやメッセージ、Siriなどに存在する多数の脆弱性が修正された。KRACKの脆弱性は、同じ無線LANの通信範囲内にいる攻撃者によって悪用されれば、情報を読み取られたり、データの挿入や操作などに利用されたりする可能性が指摘されていた。

 iOS 11.1そのものはiPhone 5s以降とiPad Air以降、および第6世代のiPod touchが対象だが、KRACKの脆弱性修正に限っては、iPhone 7以降と2016年に発売された9.7インチのiPad Proのみを対象としている。

 macOS High Sierra 10.13.1およびEl CapitanとSierraのアップデートでも、KRACKの脆弱性3件に対処。また、tcpdumpに存在していた大量の脆弱性なども修正された。

 KRACKの脆弱性は、tvOS 11.1やwatchOS 4.1でも修正されている。

photo iOS 11.1におけるKRACKの脆弱性修正については、iPhone 7以降と2016年に発売された9.7インチのiPad Proのみを対象としている(出典:Apple)

関連キーワード

脆弱性 | Apple | iOS 11 | High Sierra


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.