ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2017年11月27日 06時40分 公開

「Pokemon GO」のNiantic、「ハリーポッター」に向けて2億ドル増資

「Pokemon GO」に次いで「ハリーポッター」のARゲームを開発中のNianticが、約2億ドル増資した。ラウドをリードしたSpark Capitalのパートナーで、ジョン・ハンケCEOのGoogle時代の同僚だったミーガン・クイン氏が取締役に就任する。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米NianticがシリーズBラウンドで約2億ドル増資したと米Wall Street Journalが11月24日(現地時間)に報じた。Nianticは8日、「Pokemon GO」に次ぐモバイルARゲーム「Harry Potter : Wizards Unite」(邦題未定)を立ち上げると発表している。

 niantic 1 Nianticはハリーポッターの世界のARゲームを開発中

 Nianticのジョン・ハンケCEOは同日、米Business Insiderなどの複数のメディアに対し、「NetEase、Sparkをはじめとする新たな投資家と働けることにわくわくしている。このラウンドでAR(拡張現実)とNianticの現実世界でのプラットフォームへの長期的投資が可能になる」という声明文を送った。

 同ラウンドは米VCのSpark Capitalがリードし、同社のジェネナルパートナーであるミーガン・クイン氏がNianticの取締役に就任する。同氏は米Googleでハンケ氏の同僚だった。クイン氏はTwitterで「私はジョン(ハンケ氏)と働いたことがあり、またそうできることを喜んでいる」とツイートしている。

 niantic 2 新取締役に就任するSparkのミーガン・クイン氏

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.