ITmedia NEWS > 社会とIT >
ニュース
» 2017年11月28日 21時32分 公開

銀座線の“幻の駅”をライトアップ、東京メトロが12月1日から

東京メトロは、12月1〜18日にかけ、銀座線の“幻の駅”「萬世橋駅」と「神宮前駅」をライトアップする。銀座線の車内から見られる。

[ITmedia]

 東京メトロは11月28日、銀座線の“幻の駅”「萬世橋駅」と「神宮前駅」を12月1〜18日の期間限定でライトアップすると発表した。地下鉄開通90周年を記念したイベント「TOKYO METRO 90 Days FES!」のスペシャル企画。

ライトアップのイメージ

 萬世橋駅は、「末広町駅」と「神田駅」の中間に位置する。1930年1月〜翌31年11月まで仮停車場として使われていたが、神田駅の開業に合わせて閉鎖され、現在は地上への通気口として活用されている。ライトアップは浅草方面側のみ。

ライトアップ場所の詳細

 一方の神宮前駅は、「表参道駅」から「渋谷」方面に約5メートルの位置にある。1938年11月に東京高速鉄道「青山六丁目駅」として開業し、翌39年11月に「神宮前駅」に改称。72年の千代田線開業で「明治神宮前駅」が完成したことに伴い、現在の「表参道駅」となった。

 しかし76年、2年後の78年に開業する半蔵門線と同じホームを使用することになり、ホームを180メートルほど浅草側に移設。現在、旧ホームは資材置き場として活用されている。同区間は半蔵門線も併走しているが、ライトアップが見られるのは銀座線のみ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.