ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「東京メトロ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「東京メトロ」に関する情報が集まったページです。

東京23区の「中古マンション価格相場が安い駅」ランキング 1位は?
「東京23区、中古マンション価格が安い駅ランキング 2021年版」。東京23区内かつ駅徒歩15分圏内にある中古マンションの価格相場を、シングル向け(専有面積20平米以上〜50平米未満)と、カップル・ファミリー向け(専有面積50平米以上〜80平米未満)に分けてランキング化。結果は?(2021/1/25)

プロジェクト:
登録有形文化財「堀ビル」がシェアオフィスで2021年4月開業
堀商店、竹中工務店、グッドルームは、東京都港区新橋に立地する国の登録有形文化財「堀ビル」の保存活用事業に着手する。今後は改修工事を進め、シェアオフィスとして2021年4月の開業を目指す。(2021/1/20)

SuicaなどICカード乗車券が入場券代わりに JR東日本が「タッチでエキナカ」を3月13日スタート
ダイヤ改正に合わせて、JR東日本がICカード乗車券で駅に入場できるサービスを開始する。Suicaなどのチャージ残高さえあれば、送迎やエキナカの利用で「入場券」を買う必要がなくなる。(2021/1/19)

プロジェクト:
日鉄興和不動産らが虎ノ門で延べ18.7万m2の大型複合施設の開発に着手
日鉄興和不動産らはこのほど、東京都港区虎ノ門で、延べ床面積が約18万700平方メートルに及ぶ大型複合施設の開発に着手した。(2021/1/19)

月刊乗り鉄話題(2021年1月版):
今年はどんなお楽しみがある? 鉄道ガンバレ!! 「2021年注目の鉄道トピック」まとめ
「ひっそり日本一長い駅名更新」「流氷物語号」「ロマンスカーミュージアム開館」「DMVデビュー」……などなど! 「三密を避けたひとり旅」と「対策強化ツアー」で、今年も乗り鉄がんばりましょう!(2021/1/15)

深夜の一部列車を運休:
東京メトロ、東急など各社が終電繰り上げ発表 前倒し要請を受けて
首都圏の鉄道各社が1月20日から当面の間、終電時刻を繰り上げる。JR東日本に続き、東京メトロや西武鉄道、東急電鉄などが国や自治体からの要請に対応。今回の措置は現行ダイヤの一部を変更するもので、春に予定しているダイヤ改正の前倒しではないという。(2021/1/13)

東京メトロも終電繰り上げ 緊急事態宣言受け
東京メトロは、20日から全路線で終電時刻を10〜20分程度繰り上げる。1都3県への緊急事態宣言に伴う国土交通省からの要請を受けた措置。(2021/1/13)

導入事例:
西松建設のオフィスビル「NCOメトロ神谷町」が「DBJ Green Building 認証」を取得
西松建設が設計・施工を手掛けた自社保有の「NCOメトロ神谷町」が、日本政策投資銀行の「DBJ Green Building 認証」を取得した。(2021/1/12)

コタツで寝ていると猫がやってきて…… 狩猟本能が目覚めてしまった猫との攻防漫画にほのぼのする
まん丸おめめでロックオン。(2021/1/10)

SUUMOの閲覧数が急上昇した街ランキング、3位「西大井」、2位「立川」 1位は?
「SUUMO 閲覧数が急上昇した街ランキング2020」。結果は?(2020/12/25)

法人・都市部→個人・郊外 新型コロナで変わるカーシェア戦略
新型コロナウイルスの感染拡大による人の移動の変化を機に、カーシェア業界が対応を模索している。(2020/12/24)

法人・都市部→個人・郊外 新型コロナで変わるカーシェア戦略
 新型コロナウイルスの感染拡大による人の移動の変化を機に、カーシェア業界が対応を模索している。テレワーク普及などもあって都市部を中心とした法人利用や観光客利用が振るわない一方、自宅を活動拠点とする会社員を含めた個人会員は増加。公共交通機関を敬遠したカーシェア通勤など新たな利用シーンも登場しており、各社が取り組みを加速させている。(2020/12/23)

導入事例:
リバブルアセットマネジメントが賃貸マンションに検温機能付き顔認証システムを導入
リバブルアセットマネジメントは、入居者の利便性向上とコロナ対策の一環として、開発・保有する賃貸マンションシリーズ「リバーレ」のうち、東京都台東区にある「リバーレ浅草ウエスト」にライナフ製「検温機能付きAI顔認証エントランスシステム」を導入した。(2020/12/22)

明治神宮、大みそかから元旦の終夜参拝中止 31日は16時に閉門、元日は6時から
「分散参拝」の協力を呼びかけ。(2020/12/20)

元日早朝の臨時列車も:
東京メトロ、京急なども終夜運転中止 要請受けた全6社で取りやめに
東京メトロなど鉄道各社が、大みそかの夜から元日の朝にかけて計画していた終夜運転を中止すると発表。先に発表したJR東日本に続き、自治体からの中止要請を受けた6社全てが終夜運転を取りやめることになった。(2020/12/18)

東京メトロも大みそかの終夜運転中止
東京メトロも、大みそかから元旦にかけての終夜運転を全線で取りやめる。元旦限定のロマンスカー「メトロニューイヤー号」の運行も中止する。(2020/12/18)

JR東日本、大みそかの終夜運転取りやめ 中止要請を受けて
R東日本は、大みそかの夜から元日の朝にかけて計画していた終夜運転を取りやめると発表。自治体から中止要請を受けていた。(2020/12/18)

情報化施工:
東急建設とリコー、VRで建設現場の合意形成を迅速化する実証実験開始
東急建設とリコーは、VR(バーチャルリアリティー)の技術を活用し、建設する構造物をVR空間で関係者が共有し、施工上の情報共有・合意形成を迅速に行うことで生産性向上を目指す実証実験を行うと発表した。(2020/12/18)

こんなレア車両があるのか……! 都営地下鉄を走る「赤い電気機関車」の謎
見かけたらこれもラッキー。(2020/12/17)

リノベーション:
昭和初期を代表する商業建築の「堀ビル」がシェアオフィスへ、2021年春に開業
堀商店と竹中工務店、グッドルームは、東京・港区新橋の登録有形文化財「堀ビル」の歴史的な意匠が施された内外観を受け継ぎつつ、イノベーションを誘発するシェアオフィスへと生まれ変わらせる改修工事に着手した。(2020/12/17)

まさかの埼玉県「和光市」が1位にランクイン SUUMOが「閲覧数が急上昇した街ランキング2020」を発表
単なる住みたい街ランキングにあらず!(2020/12/17)

「東京メトロmy!」アプリ」がバージョンアップ、「ひと駅歩く検索」や混雑確認などを追加
東京メトロは、12月15日「東京メトロmy!アプリ」をバージョンアップ。経路検索結果からひと駅分歩くルート表示や「dヘルスケア」「あるく保険」などとのアプリ連携、混雑状況の表示を行う。(2020/12/15)

繰り返される視覚障害者の転落事故どう防ぐ AI活用に注目集まる
東京メトロで、視覚障害者の男性がホームから転落し電車にはねられ死亡する事故があった。同種事故を防ぐにはホームドアの設置が求められるが費用負担が大きく、最近ではAIで白杖を認識するシステムや無線技術で障害物を知らせる仕組みなどが注目を集めている。(2020/12/10)

参拝客の需要見込む:
京急は大みそかの終夜運転実施 各社で対応分かれる
京急電鉄が年末年始期間の特別ダイヤを発表。12月31日から2021年1月1日にかけて終夜運転を実施するなど、参詣・参拝客の需要を見込んだダイヤで運行する。終夜運転は実施しないことを発表している企業もあり、各社で対応が分かれる。(2020/12/9)

夜間作業の時間確保も:
東京メトロ、全路線の終電を10分程度繰り上げ 21年春、接続を考慮
東京メトロは2021年春のダイヤ改正で、全路線の終電時刻を10分程度繰り上げる。首都圏のJRや私鉄各社で終電時刻の繰り上げが実施されることから、接続を考慮する。また、夜間作業時間の確保を図る。(2020/12/1)

食いしん坊ライター&編集が行く! フードテックの世界:
テイクアウト特化で原価率68%のハンバーガーを提供 “1人焼肉”運営元がDXに見いだす活路
入店から商品受け取りまで完全非接触でテイクアウト専門のハンバーガーショップが東京・中目黒に誕生した。DXの推進によってハンバーガーの原価率はなんと68%。店舗開発の背景や取り組みについて代表取締役に話を聞いた。(2020/11/30)

「NAVITIME」で列車遅延を考慮したルート検索が可能に
「NAVITIME」がリアルタイムの列車遅延を考慮したルート検索を始めた。対応路線は東京メトロ、都営地下鉄、JR東日本。(2020/11/27)

銀座線1両に配置:
東京メトロ、ウイルスや花粉を抑える「空気循環ファン」の搭載試験開始
東京メトロは、三菱電機と共同で空気中に浮遊するウイルスや菌、花粉を抑制する機能を持つ車内空気循環ファンの搭載試験を11月26日から開始する。(2020/11/26)

「知らなかった」「いい豆知識」 東京の地下鉄出入口の路線マークには“ある法則”が隠されていた
改札口が近い順に並んでるって本当? 東京メトロに聞きました。(2020/11/26)

NAVITIME、列車のルート検索で「リアルタイム遅延考慮」が可能に
総合ナビゲーションアプリ「NAVITIME」は、11月25日にリアルタイムな列車遅延を考慮したルート検索機能を提供開始。対応路線は、東京メトロ、JR東日本、都営地下鉄。(2020/11/25)

「即日完売」億ションも コロナ禍でもマンション販売が好調な理由 
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で経済が低迷する中、住宅マンションの売れ行きが好調だ。東京都心部のターミナル駅から電車で40分程度の距離にある郊外の物件に人気が集まる一方、都心の高額物件が即日完売するなど、ニーズも多様化している。ただし、テレワークにも活用できる共用施設があるといった、マンションならではの要素が評価されている点は共通で、コロナ禍を受けてより在宅勤務がしやすい物件を探す動きも出てきている。(2020/11/24)

プロジェクト:
日本橋一丁目再開発で、52階建て複合ビルに“ヒルトン”のホテルブランドが日本初出店
日本橋一丁目で計画されている再開発事業で、52階建て高層ビルの上層階に、ヒルトンの最上級ラグジュアリーホテルブランド「ウォルドーフ・アストリア」が入ることが決まった。同ブランドは今までに世界で32件を展開しており、日本での出店は初。(2020/11/18)

MaaS基盤としてのAWSをどう活用? 採用企業が語ったサービスのこれから
MaaSサービスの開発に向けた動きが活発だ。電車やバス、タクシーがAPIを公開したら暮らしはどう変わるか。コロナ禍を経てMaaSへの国内のニーズはどう変わったかを、国内MaaSサービスで先行する4社が語った。(2020/11/12)

コロナ禍で奮闘する新規事業:
東京メトロがヨガスクールを経営する理由
東京メトロが地下鉄・妙典駅近くの高架下でヨガスクールを経営している――。入社3年目の女性社員の発案によってだ。取締役などに狙いを聞いた。(2020/11/10)

プロジェクト:
三井不動産レジデンシャルらが中野区で総延べ12万m2超えの再開発計画を始動
三井不動産レジデンシャルは、東京都中野区で、総延べ床面積が12万平方メートルを超える大規模再開発プロジェクト「囲町東地区第一種市街地再開発事業」を進めていることを2020年9月18日に明かした。(2020/11/9)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
「通勤」は減っていく? 東急の6700人アンケートから読み解く、これからの鉄道需要
東急は、アプリを通じて6760人に実施したアンケート結果を発表した。新型コロナの影響で在宅勤務などが広がり、鉄道の需要は低下。しかし、今後も定期券を更新する人は多く、転居しようとする人も少ない。通勤需要は元通りには戻らないが、ある程度回復しそうだ。(2020/11/6)

クックパッドの生鮮食品EC、ファミマで受け取り可能に 東京・神奈川の70店舗で
ファミリーマートが、生鮮食品EC「クックパッドマート」の宅配ボックスを東京と神奈川の70店舗に設置。29日から提供する。商品受け取りによる来店の促進や、それに伴う売上の増加を見込む。(2020/10/27)

「ここにありますよ」忘れ物を自動でお知らせ 東急線全路線88駅でTileを活用した「忘れ物追跡サービス」開始
忘れ物しやすい人に……!(2020/10/27)

銀座駅が全面リニューアル 複雑な乗り換えを「光」で分かりやすく 無料の電源付きワークスペースも
東京メトロは、全面的にリニューアルした銀座駅を公開。銀座駅は各所に「光」を基調にしたデザインを取り込み、利便性の向上を図った。生まれ変わった銀座駅の様子をレポートする。(2020/10/16)

「乗りものが苦手」な人に──VRで克服するトレーニングシステム「NaReRu」登場
乗りもの、大丈夫になれるかも。(2020/10/16)

いよいよPASMOがiPhone/Apple Watch対応、10月6日から! ユーザーの反応は?
ようやくか……! 【更新】利用は「iOS 14以降」必須。主な機能、iPhoneへの登録条件、「丸ごと移行」の方法など。(2020/10/1)

ZoomやLINE、スマホでバーチャル背景を使う方法 オススメの背景画像も紹介
テレワークで利用されているZoomなどのアプリ。自宅だと背景をそのまま映したくないという人も多いはず。そこで今回は、スマホでバーチャル背景を設定する方法についてご紹介していこう。(2020/9/28)

必要な存在であり続けるために:
withコロナ時代の都市鉄道に、何が求められるのか
新型コロナの感染拡大を受けて、鉄道会社が大ダメージを受けている。利用者数が激減したことで、売り上げが大きく落ち込んでいるわけだが、今後の都市鉄道はどうなっていくのだろうか。(2020/9/25)

プロジェクト:
コワーキングスペースを備えた賃貸マンションブランドを設立、三菱地所レジデンス
三菱地所レジデンスは2020年9月1日、1階にコワーキングスペースを併設した賃貸マンション「The Parkhabio SOHO 大手町」の開発に着手した。コワーキングスペースは、建設地の内神田一丁目周辺地区で、2020年4月に施行された「都市再生駐車施設の配置計画制度」を活用し、駐車場の附置義務が緩和され別用途で利用可能になったスペースを使用している。同地区内で同制度を適用した初の新築事例だという。(2020/9/17)

プロジェクト:
緑豊かな公園と調和する木造商業施設が木場で開業、方杖は木をイメージして配置
東急コミュニティーは、東京都江東区にある都立木場公園内で開発を進めていた複合商業施設「Park Community KIBACO」を2020年8月7日に開業した。Park Community KIBACOは、公園内の豊かな緑と調和するように、建物全体で木材を使用している他、屋上緑化を行っている。現在、Park Community KIBACOは、周辺住民が憩いの場として活用しており、賑(にぎ)わいを創出している。(2020/9/15)

「電車は運休、特急は運転」ってどういうこと!? とある駅に登場した案内板が話題に 鉄オタ大好き「電車と汽車」の違いとは
電車は運休。でも特急は運転。いったいどっち?(2020/9/10)

2029年完成予定:
新宿西口に260メートル高層ビル、小田急と東京メトロ 消費者との交流で“ビジネスを生み出す”機能も
小田急電鉄と東京メトロは、新宿駅西口地区の開発計画概要を発表。高さ約260メートルの超高層ビルを建設し、オフィスと商業施設を整備。その間には「ビジネス創発機能」を備えた施設も設ける。2029年度の完成予定。(2020/9/10)

“夢の国”だけではない:
住民に愛されている街、「ファミリー向け家賃相場10万円以下」の1位は?
リクルート住まいカンパニーは、関東1都4県のファミリー向け家賃相場10万円以下の街を対象とする「住民に愛されている街ランキング」を発表。1位は千葉県浦安市の「舞浜」だった。(2020/9/3)

1枚の画像で分かる「逆の電車に乗ってしまった理由」 東京メトロ銀座駅で起きた乗り間違いの原因とは
これは乗り間違える。(2020/9/3)

東京メトロ、経路検索からタクシーとシェアサイクルを予約できる新アプリ
東京メトロがタクシー配車やシェアサイクルなど複数の交通手段を組み合わせた経路検索に対応するスマホアプリの提供を始めた。鉄道・バスの経路検索やメトロの列車・駅の混雑度を表示する機能を備える。(2020/8/27)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。