ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2018年01月05日 13時23分 公開

日産、ドライバーの脳波測定「運転支援」技術開発 自動運転社会に向けて

日産自動車は、ドライバーの脳波を測定して運転を支援する技術を開発した。

[太田智美,ITmedia]

 日産自動車は1月3日、ドライバーの脳波を測定して運転を支援する技術(Brain-to-Vehicle、B2V)を開発したと発表した。同技術は、運転操作に関連する行動準備電位をリアルタイム検出し、ドライバーが行う次の運転操作のタイミングを把握。また、ドライバーが思い描く運転と異なると感じる場合、エラー関連電位(Error Related Potential)を計測し、ドライバーが持つ違和感を検知するという。


日産自動車

 ドライバーが装着するヘッドセットで脳波を計測。それを解析し、自動運転に適用する。「拡張現実(AR)を活用することでドライバーの視線の先にある車内環境を調整したり、よりリラックスできる環境をつくり出すことも可能になるかもしれません」(B2V技術の研究をリードする日産のシニア・イノベーション・リサーチャー ルチアン・ギョルゲさん)。


日産自動車

日産自動車

 ドライバーがステアリングを回す、アクセルペダルを踏むなどの操作をする直前(0.2〜0.5秒前)に脳の行動準備電位を検出することで、操作開始前からシステムが作動しドライバーの反応の遅れをカバーできるという。また自動運転の際にドライバーの違和感を検知し、ドライバーに合った自然な制御を可能にするという。

 「将来の自動運転社会では、人間はクルマをコントロールしないと考える人が多いかもしれません。しかし、この技術はその反対です」――日産自動車のダニエレ・スキラッチ副社長は述べる。

 「自動運転社会ではドライバーの脳波を活用し、ドライビングをさらにエキサイティングで楽しいものにしていく」(スキラッチ副社長)


日産自動車

日産自動車

 B2V技術は、米国ネバタ州ラスベガスで開催(18年1月9日〜12日)されるCES 2018に出展。ドライビング・シミュレーターを用いてのデモンストレーションする予定だ。

太田智美

Copyright© 2018 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.