ITmedia NEWS > 速報 >
ニュース
» 2018年03月16日 09時20分 公開

1年間で約3900万アプリを削除:機械学習で有害アプリ検出強化、GoogleがAndroidセキュリティ動向報告書を発表

「Google Play Protect」を使って検出した有害アプリは約3900万。60.3%は機械学習によって検出されたという。

[鈴木聖子,ITmedia]
photo Googleは、2017年のAndroidセキュリティ動向に関する年次報告書を発表した

 米Googleは3月15日、2017年のAndroidセキュリティ動向に関する年次報告書を発表し、有害アプリ対策や脆弱性対策などの取り組みについて説明した。

 「われわれの目標は単純に、20億台を超すAndroidデバイスを守ることにある」と同社は強調する。2017年5月には、潜在的な有害アプリ(PHA)の阻止を目的とした「Google Play Protect」をリリース。少なくとも1日に1回のペースで、自動的にAndroid端末を確認し、2017年の1年間で約3900万のPHAを削除したという。

 こうしたPHAの60.3%は、機械学習を使って検出したと説明し、機械学習による検出率は、今後さらに上昇が予想されるとした。

 Googleの公式アプリストア「Google Play」の有害アプリ対策については、「Google Playのみからアプリをダウンロードするデバイスは、他のソースからアプリをダウンロードするデバイスに比べて、PHAが入り込む確率が9分の1程度になる」と強調する。Play Protectでは、Google Playに新しく提出されるアプリの審査機能も強化し、審査を行ったPlayアプリは2016年に比べて65%増えた。

 Androidのセキュリティアップデートについては、メーカーなどと連携してリリース態勢の向上に取り組み、セキュリティパッチを受け取るデバイスは2016年に比べて30%増えたとしている。

 Androidの脆弱性を発見した研究者に賞金を支払う「Android Security Rewards」プログラムでは、総額128万ドルの賞金を贈呈。同プログラムが始まってからの賞金総額が200万ドルを超えたことを明らかにした。

関連キーワード

Androidセキュリティ | Google Play


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.