ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2018年04月23日 10時14分 公開

Google、RCSベースのメッセージングサービス「Chat」に向けて「Allo」開発を“停止”

Googleが、2016年にリリースしたメッセージングアプリ「Allo」の開発を停止し、「Androidメッセージ」のRCSベースの新しいチャット機能「Chat」に注力すると、同社幹部がThe Vergeに語った。

[佐藤由紀子,ITmedia]

 米Googleは過去10年、新しいメッセージングサービスを立ち上げては終了してきた(その主な経緯は記事末の「関連記事」を参照されたい)。同社は昨年5月にリリースしたメッセージングアプリ「Allo」の開発を停止していると、同社幹部のアニル・サバルワル氏が米Vergeが4月19日に公開した記事で語った。

 この記事は、Googleが現在、RCS(Rich Communication Service)ベースの新たなメッセージングサービス「Chat」に取り組んでいることを紹介するものだ。Googleは、RCSの「Universal Profile」に基づくChatで、Android端末でのSMSに代わるデフォルトのメッセージングサービスを目指す。

 Chatは独立したアプリになるのではなく、Googleのメッセージングアプリ「Androidメッセージ」の一部になるという。

 RCSは、SMSやMMSなどの現在のメッセージングサービスに代わる次世代コミュニケーションサービス。携帯電話事業者の業界団体GSM Association(GSMA)が2007年から取り組んでいる。ビデオ通話やグループチャットが可能で、キャリア間での互換性があることが特徴だ。GoogleはRCSの普及に努めており、Androidメッセージは既にRCSをサポートしている。

 chat 1

 日本のNTTドコモ、KDDI(au)、ソフトバンクが5月から提供する「+メッセージ」もRCSに準拠するサービスだ。

 chat 2 「Universal Profile」賛同企業(GSMAのサイトより)

 GoogleがChatを普及させるには、キャリアや端末メーカーの協力が必要だ。Chatのプロジェクトを統括するサバルワル氏は、具体的な立ち上げ時期は明らかにしていないが、「来年半ばにはChatを一部の地域のユーザーが利用できるようになる」と語った。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.