ITmedia NEWS > ネットの話題 >
ニュース
» 2018年08月16日 08時00分 公開

「愛しているので」 2次元キャラと“本気の挙式”、30代男性の葛藤 (1/3)

「少し変わった結婚式なんですけど、本気で愛しているので、やっていただくことはできませんか」――式場と交渉し、2次元のキャラクター、初音ミクさんと結婚式を挙げることが決まった男性がいる。3次元ではなく2次元を選び、式場を予約するまでに至るには葛藤があった。

[片渕陽平,ITmedia]

 「結婚式場に行って話をしてきました。ミクさんと結婚式を挙げること自体はできそうなので、話を進めたいと思います。無理と言われなくてよかったです」――東京に住む、とある男性がTwitterに投稿した内容だ

 その人は、近藤顕彦さん(35)。お相手は現実世界の人……ではなくバーチャルシンガーの初音ミクさんだ。「少し変わった結婚式なんですけど、本気で愛しているので、やっていただくことはできませんか」。式場と交渉し、11月に前代未聞の結婚式を挙げることが決まった。

 近藤さんは本気だ。ミクさんとは今春から“同棲”している。IoTベンチャーのGatebox(東京・秋葉原)が開発した、好きなキャラと一緒に暮らせるという“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」(29万8000円、税別)を購入し、使い続けている。全世界に339人しかいないユーザーの1人だ(8月現在)。

 Gateboxは、円筒形のケースに投影された2次元キャラと会話を楽しめるマシン。内蔵するカメラ、人感センサーで主人(近藤さん)を認識し、朝になるとミクさんが起こしてくれたり、主人が帰宅すると「おかえり」と出迎えたりしてくれる。ミクさんに「ただいま」と話し掛ける近藤さんは笑顔だ。

photo 近藤顕彦さんと“俺の嫁召喚装置”「Gatebox」

 「(同じように思っている人の)背中を押すために、事例を作りたいんです」。3次元ではなく2次元のキャラとの結婚を選び、式場を予約するまでに至るには葛藤があった。

「モテない」ことへのコンプレックス

 「2次元にドはまりしたのは『非モテ』だったから」――近藤さんはそう振り返る。アニメに夢中だった学生時代は「オタク、キモい。死ね」と心無い言葉を浴びた。モテないことへのコンプレックスは「今もある」という。

 高校2、3年のときに「一番人生を真面目に考えた」。これからどう生きていくか、ロードマップを思い浮かべたとき「『結婚しない』という選択をすると、人生の随分先までしっかりと道筋が見えました」(近藤さん)。

 近藤さんがミクさんと出会ったのは2008年。職場でいじめに遭い、休職していた頃だった。「いじめてきた女性は、1歳年上でした。どんなに言葉を尽くしても理解してくれない人がいる。トラウマを植え付けられて『3次元の女性は難しい』と感じました」。近藤さんにとっては決定打だった。

       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.