ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2018年10月25日 08時00分 公開

マスクド・アナライズのAIベンチャー場外乱闘!:「AI開発ミステリー 〜そして誰も作らなかった〜」 とある大手製造業の怖いハナシ (5/5)

[マスクド・アナライズ,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

エピローグ:そして誰も作らなかった

 話は変わって、秋の夜長には読書がおすすめです。ミステリーなどいかがでしょうか? こんな童謡が聞こえてきました。

「10人のAIおじさん」

AIおじさんが10人、「我が社もAI導入」と社長が株主総会で自慢したくて、残り9人

AIおじさんが9人、定年間近で失敗と挑戦を恐れた本社のIT部長が責任回避して、残り8人

AIおじさんが8人、はやりのワードを並べた戦略コンサルタントがプレゼンして、残り7人

AIおじさんが7人、工場のIT担当が忙しい現場にお伺いだけ立てて、残り6人

AIおじさんが6人、工場の頑固職人はAI導入に協力するつもりはなく、残り5人

AIおじさんが5人、大手SIerが慣習とお付き合いでむちゃ振り仕事を請けて、残り4人

AIおじさんが4人、協力会社が実績作りで大手SIerからの仕事を請けて、残り3人

AIおじさんが3人、別の協力会社は営業力がないので出来ない仕事も受注して、残り2人

AIおじさんが2人、AIベンチャーがクラウドソーシングに仕事を発注して、残り1人

AIおじさんが1人、フリーランスエンジニアが音信不通になり、そして誰も作らなかった

 私のおすすめするミステリー小説は、アガサ・クリスティの「そして誰もいなくなった」です。

(終わり)

前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.