連載
» 2012年06月29日 07時30分 UPDATE

キーワード解説:キーワード解説「デマンドレスポンス」

夏を前にして、ピーク時の需要逼迫を心配する声があちこちから聞こえるようになった。政府は供給量以上の需要が発生することを防ぐために、BEMSアグリゲータ制度などさまざまな策を打っている。同じように需要逼迫時の需要抑制に効果を発揮するのが「デマンドレスポンス」だ。

[笹田仁,スマートジャパン]

 デマンドレスポンスとは、電力供給量が逼迫した時や、系統が不安定になった時、つまり電力会社が電力を供給しにくくなったタイミングに合わせて、需要家(企業や家庭など電気を利用しているところ)が電力の使用を抑制するように仕向けることを指す。つまり、需要家に節電させる気を起こさせるシステムということだ。

 デマンドレスポンスの手法としては、「電気料金ベース」と「インセンティブベース」がある。電気料金ベースのデマンドレスポンスの例としては、電力会社が電力を供給しにくい状況に陥る時間帯(例えば夏の暑い日の昼間)の電気料金単価を高く設定する時間帯別料金が挙げられる。

 夏の昼間の電気料金を高く設定すれば、多くの需要家は余計な出費を抑えたいという心理から節電に励むと予想できる。反対に、余計に使ってしまうと痛い目に遭うことになる。電気料金ベースのデマンドレスポンスは、ムチを使って消費電力量を抑えるものと言える。

 時間帯別料金の考え方をさらに押し進めたのが「ダイナミックプライシング」だ。これは、翌日の天候や電力需要予測値などのデータから、翌日の時間帯別電気料金単価を決定する方式である。同じ夏の昼間でも、特に暑い日の電気料金単価は高くなり、涼しい日は電気料金単価が安くなる。

 インセンティブベースのデマンドレスポンスとは、電力会社からの節電要請に応じて需要家が節電したら、何らかの形で報酬を受け取れるというものだ。報酬としては現金やクーポン券を使う例が多い。電気料金の割引をもって報酬とすることもある。インセンティブベースのデマンドレスポンスは、いわばアメを利用して消費電力量を抑制する取り組みと言える。

 インセンティブを渡す方式としては、主に2種類ある。1つ目は、電力会社からの要請に応じて需要家が節電する、あるいは受電を止めるという契約を結び、需要家の行動次第で電力会社がインセンティブを渡す方式。

 もう1つは節電で浮く電力を供給量と見立てて、市場で取引する方法だ。この場合、節電で浮く電力、つまり市場に売りに出す電力を「ネガワット」と呼び、市場での取引を「ネガワット取引」と呼ぶ。

 日本ではエネットが法人向けデマンドレスポンスサービス「EnneSmart(エネスマート)」を提供している。基本は電気料金ベースのデマンドレスポンスだが、需給逼迫時に節電に協力した需要家にインセンティブを渡す手法も組み合わせている。

 関西電力はネガワット市場を作り、需要家が売りに出したネガワットを関西電力自身が買い取っていくという取り組みを始める。

関連記事:これを読めば「デマンドレスポンス」がさらによく分かる!

政府と東電による“ピークカットアイデアコンテスト”、審査結果発表

原子力損害賠償支援機構と東京電力は、夏季のピークカットに有効なアイデアを募集していたが、その審査結果がまとまり、6件が採択となった。東京電力は今夏までに採択したアイデアを精査し、実行に移せるように努力するとしている。


節約で浮く電力を買い取り、関西電力が「ネガワットプラン」実施へ

今夏の電力供給量の予定値をなかなか積み増せない関西電力が、顧客が節約して浮く電力(ネガワット)を買い取る制度を実施する。日本で初めての取り組みでありその効果は未知数だが、関西電力は「最終手段」と位置付けている。


自家発電を増やして電気料金を削減、「ネガワット」の取り組みが始まる

関西電力が今夏の電力不足を回避するために、企業の余剰電力を買い取る「ネガワットプラン」を7月から実施する。その計画に呼応する形で、大阪ガスと関連会社のエネットが顧客企業を対象にネガワットの本格的な試行サービスを開始した。


電力不足を草の根による節電で解消へ、家庭のエアコンをインターネットで一斉に制御

今夏の電力不足が心配される関西地区で、家庭の節電量を集積する実験が7月から始まる。NTTスマイルエナジーが「1kW LOVE」の名称で実施するもので、家庭のエアコンを遠隔で一斉に制御することによって、地域全体で電力のピークカットにつなげる狙いだ。


電力不足を回避する「デマンドレスポンス」、中部電力も実証サービスを開始

夏の昼間に電力使用量を削減することで、利用者にもメリットが生まれる。電力不足を回避するための新しいサービスに向けた取り組みが加速してきた。電力不足が想定されるときに、利用者が節電に協力することで対価を得られる「デマンドレスポンス」である。


日本初の電力需給に連動した料金プラン、最大手のエネットが7月1日から開始

企業向けに電力を販売できる「特定規模電気事業者」の中で最大手のエネットが、電力の需給状態に応じて変動する新しい料金プランを7月1日から開始する。同社から電力供給サービスを受けている大手企業が対象で、開始当初から10社以上が利用する予定だ。


電力は使い切らない、余らせて売ってコスト削減

これまで大半の企業にとって、電力は買うものだった。しかし今後は余った電力を売れる時代になる。太陽光発電など再生可能エネルギーであれば、いつでも一定の価格で売ることができる。需要がピークになる夏の午後に余剰電力を買い取る新サービスも続々と始まる。


節電した電力を買い取る「ネガワット取引」、関西電力が周辺地域へ拡大

今夏に電力の供給量が不足する可能性がある関西電力は、新しい電力売買手法である「ネガワット取引」の対象を周辺地域へ拡大する。企業の節電によって生まれる余剰電力を買い取るもので、中部電力、北陸電力、中国電力の顧客企業にも募集範囲を広げることにした。


テーマ別記事一覧

 電力供給サービス 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.