連載
» 2012年12月03日 12時00分 UPDATE

全国でんき予報2012冬:12月3日(月)−東京の需要が大幅に増加、東北と中部でも90%以上に

いよいよ12月に入って寒さが増してきた。全国各地で夕方の17時〜19時にかけて暖房に必要な電力が急増。特に東京電力の管内では先週と比べて100万kW以上も需要が増加する。

[スマートジャパン]

 17時台に需給率が90%を超えるのは東京、東北、中部の3地域で、いずれも92%前後まで高まる見込みだ。北陸でも90%近い需給率が予想されている。夕方以降の冷え込みによっては、さらに需給率が上がる可能性が大きく、注意が必要である。

 先週11月28日(水)に需給率が一時97%を超えた東京電力では、今週は供給力を上げて対応する。先週の供給力は4400万kW台だったが、今週は4800万kW台まで引き上げた。昨年12月の需要の最大値が4575万kW(12月26日)であることから、当面4800万kW台の供給力を維持できれば需給率を95%以下に抑えられるだろう。

Forecast_Dec_3.jpg 12月3日の電力需給予測。各電力会社がWebサイトに掲載したデータから

テーマ別記事一覧

 電力供給サービス 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.