ニュース
» 2014年06月26日 14時00分 UPDATE

LED照明:1000W相当のLED照明、水銀灯を置き換えて消費電力80%減

OPTILED LIGHTINGは、2014年6月、水銀灯1000W相当のLED照明の販売を開始した。高天井などに向けた同社の「REALPOWER」シリーズの1製品。同シリーズは消費電力量の低減により、30灯利用時の電気料金を10年間で1900万円以上節減できる。

[畑陽一郎,スマートジャパン]

 LED照明の専業メーカーであるOPTILED LIGHTINGは、2014年6月25日に水銀灯1000W相当のLED照明器具の販売を開始した(図1)。高天井などに向けた同社の「REALPOWER」シリーズの1製品*1)。「水銀灯などのHIDを代替する照明器具であり、高さ15mから照らすと最適な性能が得られる」(同社)。

*1) 高天井に設置する直付タイプ「OPH-R43M・N-D」と、鉄塔やスポーツグラウンドなどに設置する投光器タイプ「OPH-R43M・N-T」の2品種がある。耐候性と重量以外の仕様はほぼ同じ。

yh20140626OptiLED_lamp_590px.jpg 図1 「REALPOWER」1000W相当品 出典:OPTILED LIGHTING

 水銀灯と比較した場合の最大の優位点はランニングコストだ。電気料金を低減でき、寿命による交換回数が少ない。

 図2は照明の条件をそろえた場合の水銀灯(消費電力1050品、HF1000X)とREALPOWER(消費電力280W、OPH-R43M・N-D)の比較だ。工場建屋に30灯を設置した場合の10年間の電気料金を比較したグラフである。LED照明の電気料金は水銀灯の26.7%であり、1900万円以上節減できる*1)

*1) OPTILED LIGHTINGによる試算値。年間300日、1日当たり12時間点灯し、1kWh当たりの電気料金を23円に固定した。水銀灯の消費電力は安定器(点灯装置)を含み、LED照明は電源(点灯装置)を含む。REALPOWERの価格はオープンであるため、機器のコストは計算に含まれていない。

yh20140626OptiLED_costs_576px.png 図2 水銀灯とREALPOWERの電気料金の比較 出典:同社の試算値

 発売したLED照明の寿命は、水銀灯の約4倍、5万時間。1日当たり12時間、365日利用したとしても、10年以上利用可能だ。高所に取り付ける照明であるため、メンテナンスコスト低減にもつながる。

 各種の照明器具をLED化する際、各社が最も苦労する点の1つが放熱だ。「水銀灯はガラス管面の温度が200度を超える。LED照明では半導体が光を放出する。半導体の寿命は温度が高くなるほど短くなるため放熱に工夫した」(同社)。高熱伝導性炭素繊維を用いた放熱樹脂を採用することで、放熱性を高めつつ、軽量化できたという。

 新製品の全光束は3万1000lm(ルーメン)、単独のランプを点灯したときの10m直下の照度は1200lx(ルクス)。最大光度の2分の1となるビーム角は50度。色味は昼白色(色温度5000K)、平均演色評価数(Ra)は水銀灯の40と比べて、70と高い。光が当たった物の見え方がより自然になる。

 REALPOWERシリーズには他に3種類のLED照明器具がある。消費電力はそれぞれ50W(水銀灯250W相当)、90W(400W相当)、150W(700W相当)だ。「90Wや150W品が水銀灯代替品として販売数量が多い」(同社)という。

【修正履歴】 記事公開後、同社から1000W品に関するコスト試算値を入手したため、要約の一部と、図2、図2を説明した本文の1段落を差し替えました。従来の要約の記述は以下の通り。「100灯利用時の電気料金を10年間で270万円節減できる」。従来の本文の記述は以下の通り。「図2は照明の条件をそろえた場合の水銀灯(消費電力420W品、HF400X)とREALPOWER(消費電力90W、OPH-R25N-E39)の比較だ。工場建屋に100灯を設置した場合の10年間の電気料金を比較したグラフである。LED照明の電気料金は水銀灯の21%であり、270万円以上節減できる。「消費電力の優位性は今回のREALPOWER製品でもほとんど変わらない」(同社)」。(2014年6月26日修正)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.