連載
» 2014年07月25日 10時30分 UPDATE

全国でんき予報2014夏:7月25日(金)−全国各地で今夏の最大に

全国的に気温が高くなって、9つの地域すべてで今夏の最大電力を更新しそうだ。特に関西の需要が大幅に増加する見込みで、14時台には前日のピークを約100万kWも上回って需給率が92.8%まで上昇する。このほか東京・中部・北陸・四国・九州の5地域でも90%を超える予報が出ている。

[スマートジャパン]

 関西では前日24日(木)の16時台に今夏で最大の2522万kWを記録したが、25日(金)は14時台に2620万kWまで上昇する。それでも供給力を2822万kWまで高めて、需給率を92.8%に抑える。関西の今夏の供給力は8月に2980万kW程度まで確保できる見通しで、まだ十分に余裕がある状態だ。

 むしろ心配なのは九州である。25日の最大電力は16時台に1540万kWまで達して、需給率は関西と同水準の92.7%になる。供給力は1661万kWを予定しているが、今夏は最大でも1745万kWまでしか確保できておらず、関西や他の地域と比べて余裕が小さい。さらに暑さが厳しくなると、緊急の節電対策が必要になる可能性もある。

Forecast_Jul_25_sj.jpg 7月25日の需給予測(各電力会社がWebサイトに掲載したデータから)

テーマ別記事一覧

 電力供給サービス 


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.