ニュース
» 2014年09月12日 07時00分 UPDATE

スマートハウス:分譲地がメガソーラーに、20年間の売電額1000万円をうたう住宅

広島建設は住むだけで収入が増える分譲住宅「ヘリオス」の販売を、千葉県印西市の分譲住宅地で開始した。1戸当たり10kW以上の太陽光発電システムを備え、全戸の出力を合わせると約0.9MWにも及ぶ。

[畑陽一郎,スマートジャパン]
yh20140912Hiroshima_map_250px.png 図1 千葉県印西市と分譲地の位置

 広島建設は太陽光発電の規模を重視した戸建住宅の販売を2014年9月に開始した。出力10kW以上の太陽光発電システムを搭載することが特徴であり、太陽光発電住宅「ヘリオス」と呼ぶ。

 ヘリオスの狙いは、10kW以上の太陽光発電能力を持たせることで、固定価格買取制度(FIT)の20年間全量買取対象としたこと。20年間の売電金額の総額として約1000万円を見込めるという*1)

 ヘリオスを最初に販売するのは千葉県印西市の分譲住宅地「ヘリオスタウン印西牧の原」(図1、図2)。敷地全体が南向きのひな壇形状を取り、建物の影ができにくいという。

*1) 延床面積93.57m2(1階床面積60.45m2、2階床面積33.12m2)、屋根形状は南向きの片流れ三寸勾配(傾斜角約17度)。太陽電池モジュールの搭載容量が12.24kWの場合。

yh20140912Hiroshima_house_590px.jpg 図2 ヘリオスタウン印西牧の原の完成予想図 出典:広島建設

 同タウン内の太陽光発電の総出力は約0.9MWであり、分譲地自体がメガソーラーとも呼べる規模を誇る。1戸当たりの年間発電量は約1万2900kWh(図3)。

 同タウンは73区画あり、全区画50坪(165m2)以上の敷地面積を確保した。木造(枠組壁工法:2X4工法)をとる。住宅の販売価格は1戸当たり2190〜2480万円。

yh20140912Hiroshima_gen_590px.jpg 図3 1戸当たりの月間発電量の予測 出典:広島建設

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.