ニュース
» 2015年05月29日 07時00分 UPDATE

自然エネルギー:牛の排せつ物で走るバスが世界最高速度記録を達成

牛の排せつ物で走るバイオメタンバス「Bus Hound」が、ミルブルック試験場において、一般の運行バスとしては世界最速となる時速76.785マイル(123.6キロ)を達成したという。

[三島一孝,スマートジャパン]

 Bus Houndは、英国レディング市において、バイオメタンガスを燃料にして走る運行バスで、主に牛の排せつ物から生成されるバイオメタンガスで走っていることが特徴だ。車体にはホルスタインのような独特の牛の模様が描かれている(図1)。

photo 図1:ミルブルック試験場で牛の排せつ物で記録を出したBus Hound 出典:Reading Buses

 ミルブルック試験場での走行試験で、Bus Houndが達成した記録は最高速度が時速 80.73マイル(129.9キロ)、一周のラップタイムで時速76.785マイル(123.6キロ)というもの。全てのバスを対象に加えると世界最高速ではもっと速い記録があるが、通常の定期運行バスの記録としては最高速になるとしている。実際にBus Houndは、特に記録達成のために大きなチューニングを行ったわけではなく、記録達成の翌日には通常の運行サービスに戻ったという(図2、図3)。

photophoto 図2:Bus Houndのフロント部分(左)/図3:記録を達成した様子と同バスの研究者たち(右)

 この結果は、輸送用の持続可能燃料として、バイオメタンガスや自然ガスが大きな価値を持つことを示すものだ。Reading BusesのCEOであるマーティン・ギルバート(Martijn Gilbert)氏は「この結果は環境にやさしいバイオメタンガスの価値をより広く訴えるものだ」と語っている。

 Reading Busでは、現在34台のバスの車体を保有しているが、このうち20%が天然ガス(CNG)バスだという。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.