ニュース
» 2016年01月13日 15時00分 UPDATE

電力供給サービス:自由化で複雑になる電力料金、最適プランの診断を代行する新サービス

4月から始まる電力の小売全面自由化に向け、これまでにないさまざまな電気料金プランが登場している。これに伴い複雑化する料金プランの比較/診断を行えるサービスも立ち上がっている。グッドフェローズは電力料金比較サイト「タイナビスイッチ」を開設し、会員登録の受付を開始した。

[長町基,スマートジャパン]

 太陽光発電関連製品や省エネ商材などのマッチングサイト「タイナビシリーズ」を運営するグッドフェローズは、電気料金比較サイト「タイナビスイッチ」の事前会員登録の受付をこのほど開始した(図1)。2016年4月1日から始まる電力の小売全面自由化に先駆けて、事前登録を行ったユーザーに向けて最適な料金プランの診断を代行するなどのサービスを提供していく。

 2016年度中に全電力会社がタイナビスイッチに加盟すること目標にし、ユーザーが全ての電力会社の料金プランを比較検討できるようにする。利用者数は累計1000万人、50万件のスイッチング実績を目指す。

rk_150112_taibani001.jpg 図1 「タイナビスイッチ」のWebサイト(クリックでサイトへ)

 タイナビスイッチは、100万人以上の利用実績を誇る、太陽光発電導入ナビゲーションサイトのタイナビの関連サイトであり、全国の電力会社の料金プランを比較できる電気料金比較サイトだ。同サイトには最適な料金プランを予測する高精度シミュレーションシステムを搭載予定であり、ユーザーは簡単な入力を行うだけで、無料で各家庭に合った最適プランの診断が可能となる。さらに、各電力会社の情報や、電力小売全面自由化の最新ニュース、省エネなどの関連情報も提供していく。

 電力小売全面自由化が始まるのは2016年4月からだが、一部事業者は1月から事前予約の受付開始を発表している。さまざまな料金プランが登場する中で、タイナビスイッチに事前会員登録をすると、ユーザーが入力した情報をもとに同サイトがユーザーに代わって最適なプラン診断を実施し、ユーザーのライフスタイルに合った電気料金プランを提案する。また、ユーザーには電力会社各社の最新情報をメールマガジンで提供する(図2)。

rk_150112_tainabi01.jpg 図2 「タイナビスイッチ」に事前会員登録を行った場合のサービス利用の流れ 出典:グッドフェローズ

 現在の制度では、50kW(キロワット)以下の契約電力である小規模な利用者に対してだけ地域別に電力会社しか電力を販売できない。この規制分野が2016年4月から完全自由化されることで、家庭を中心に全国で約8400万の利用者が自由に電力会社を選べるようになる。開放される市場規模は約7.5兆円に達すると見られている。

 また、既に自由化されている企業向けの小売事業や再生可能エネルギーを含む発電事業も活発になり、2016年4月を堺に全体で20兆円を超える電力市場の顧客獲得競争が激しさを増していくと見られる。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.