ニュース
» 2016年02月15日 15時00分 UPDATE

太陽光:茨城県のゴルフ場跡に県内最大級のメガソーラー、34MWで7万7000世帯分

再施可能エネルギーを手掛けるジャパンパワーサプライは、新たに茨城県大子町のゴルフ場跡地に34MW規模のメガソーラーを建設することを発表した。

[三島一孝,スマートジャパン]

 ジャパンパワーサプライは2012年12月設立の太陽光発電のEPC(設計・調達・建築)事業者である。創業後数多くのメガソーラーの設計や施工を進めてきたが、今回新たに建設を決めたのが「大子ビィレッジ太陽光発電所」だ。

 大子ビィレッジ太陽光発電所は、茨城県大子町のゴルフ場「旧ヴィレッジクラブ大子ゴルフコース」跡地を利用。旧ゴルフコースに太陽電池パネルを設置し、定格出力で34MW、世帯数で7万7000世帯分の電力を発電することを目指す。総事業費は125億円で、運転開始は2018年4月を予定している(図1)。

photo 図 大子ビィレッジ太陽光発電所のイメージ図 出典:ジャパンパワーサプライ

 ジャパンパワーサプライでは地域貢献などにも力を入れており、ゴルフ場設備として残っていたクラブハウスやホテルなどの付帯設備については、大子町へと寄付するという。大子町では同施設を利用し、通信制高校の誘致を行う計画を示している。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.