ニュース
» 2016年05月02日 13時00分 UPDATE

太陽光:1万世帯分の電力を生むメガソーラー、独自システムで稼働率を維持

日立キャピタルは2016年4月15日、岡山県新見市に発電出力約36.4MWのメガソーラーの建設に着手したと発表した。日立製作所が設計・調達・建設(EPC)および保守を担当し、日立キャピタルが運営を行う。運転開始は2019年を予定している。

[長町基,スマートジャパン]

 日立キャピタルが岡山県新見市で着工したメガソーラーの敷地面積は約109ヘクタール、発電出力は約36.4MW(メガワット)で、年間予想発電量は一般家庭の約1万世帯分に相当する約3万8000MWh(キロワット時)を見込んでいる。発電した電力は固定価格買取制度により全量を中国電力に売電する。

 日立製作所(以下、日立)の最大変換効率98.8%の高効率パワーコンディショナーを42台を使用し、発電量の増加を図る。また、半導体デバイス理論に基づいて算出する故障診断モデルの理論出力と、実際のストリング出力を比較して故障を察知する独自開発の故障診断システムも導入し、設備稼働率を高い水準で維持していく計画だ。

 日立キャピタルは風力や太陽などの再生可能エネルギー事業や、エネルギーコスト削減支援ソリューションなどの環境・再生可能エネルギーを注力分野と位置付け、日立グループをはじめとしたパートナー企業との連携を強化している。日立キャピタルは茨城県行方市の「日立北浦複合団地太陽光発電所」(発電出力12MW)や千葉県東金市の「日立東金第一・第二太陽光発電所」(同5MW)などに金融ソリューションを提供した実績がある(図1)。

図1 「日立北浦複合団地太陽光発電所」 出典:日立キャピタル

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.