ニュース
» 2016年05月16日 11時00分 UPDATE

電力供給サービス:年間1億5000万kWhの木質バイオマス発電でガス会社が発電事業に新規参入

中部ガスは、新たに発電事業を行う連結子会社「サーラeパワー」を設立し、発電事業に参入することを発表した。新たに木質バイオマス発電所を建設し、2019年から発電を開始する。

[三島一孝,スマートジャパン]

 エネルギー事業を展開するサーラグループである中部瓦斯(以下、中部ガス)とガステックサービスは2016年5月11日、新たに発電事業に参入することを発表した。サーラグループで発電事業は初となる。

 サーラグループは豊橋瓦斯と浜松瓦斯をもともとの母体とし100年以上の歴史を持つ企業グループである。エネルギーを中心に現在は住宅関連サービスなどを展開する。今回はこの中で都市ガスを提供する中部ガスとLPガスなどを中心に住宅サービスなどを展開するガステックサービスが共同で新会社「サーラeパワー」を設立。木質バイオマス発電所を建設することを決めた。

 木質バイオマス発電所は、豊橋市の臨海部に建設予定で、2016年内に着工。2019年4月から発電を開始する予定としている。発電規模は2万2100kW(キロワット)で、年間発電量は一般家庭約4万世帯相当の1億5000万kWh(キロワット時)を計画する。主燃料はパーム椰子殻などの輸入材、東三河や遠州地域の未利用材を活用する予定。総事業費は約100億円で、発電した電力は固定買取制度(FIT)を利用して売電する。

 サーラグループでは、2016年4月の電力小売全面自由化に合わせて、家庭向け電力小売を行う「サーラeエナジー」を設立。電力小売にも参入しており、電力の地産地消などにも取り組む方針だ。

photo 新たに建設する木質バイオマス発電所の概要 出典:中部ガス

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.