ニュース
» 2016年07月19日 07時00分 UPDATE

蓄電・発電機器:「太陽光発電道路」が米国で実証開始、米国発展を支えたルート66で (1/2)

太陽光発電に必要な土地の問題を解決する取り組みの1つとして道路に太陽光発電設備を敷設する「太陽光発電道路」が注目を集めている。既にいくつかの国で取り組みが始まっているが米国でも実証が始まった。

[三島一孝,スマートジャパン]

 米国のミズーリ州交通局(MoDOT)では、道路の将来像を模索する「ROAD TO TOMORROW」プロジェクトを推進しているが、その一環として米国のエネルギーベンチャーである「Solar Roadways」と提携し、旧国道66号線の一部で実証を開始するとこのほど明らかにした(図1)。

photo 図1 Solar Roadwaysの太陽光道路 出典:Solar Roadways

 同交通局が取り組む「ROAD TO TOMORROW」プロジェクトは、同州を結ぶ州間高速道路システムが建設から60年以上を経過することになり、現代に最適な道路システムの姿を模索するために生まれたものだ。持続可能な収益源も含めて、現代に最適で先進的な道路の実現を目指す。それに向けて、技術革新の有効性をテストするためのパイロットプロジェクトを進めており、そのうちの1つが「太陽光発電道路」である。

 その「太陽光発電道路」実現に向けたパートナーとしてアイダホ州のスタートアップである「Solar Roadways」を選び、実証を進めることを明らかにした(図2)。

photo 図2 「ROAD TO TOMORROW」プロジェクトの太陽光発電道路の実証紹介Webサイト(クリックでWebサイトへ)出典:MoDOT

六角形の太陽光モジュールを道路の上に敷設する

 「Solar Roadways」の太陽光パネルは、六角形のモジュールとなっており、これらを組み合わせて道路に敷設して発電を行う。太陽光発電モジュールを強化ガラスで挟む多層型の構造となっている。強化ガラスは試作品のレベルでもトラクターが上を通過しても問題ないという。アスファルトと同等の強度を持つとしているが最初は私道や駐車場のように非クリティカルな領域での試行を進めるという。最終的には高速道路などでの使用にも耐え得るように開発を進めている(図3)(図4)。

photo 図3 Solar Roadwaysの開発した六角形の太陽光発電モジュール 出典:Solar Roadways
photo 図4 表面は強化ガラスでできておりトラクターが通過しても機能するという 出典:Solar Roadways

 パネルモジュールにはそれぞれをインテリジェント化して管理・制御するマイクロプロセッサーが搭載されており、パネル同士や中央制御室、自動車などと通信することなども可能だとしている。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.