ニュース
» 2016年10月06日 09時00分 UPDATE

太陽光:1000のため池を持つ岡山県笠岡市、水上メガソーラーが広がる (1/2)

岡山県笠岡市で農業用のため池を活用した水上メガソーラーの建設が決まった。2MW級のメガソーラーとなる見込みだ。いちごECOエナジーが実施事業者として採択され、発電所の建設を行う。多くのため池を持つ笠岡市では2016年6月から遊水池を活用した水上メガソーラーも稼働を開始している。

[陰山遼将,スマートジャパン]

 岡山県笠岡市は再生可能エネルギー発電設備の導入拡大を推進している。瀬戸内海に面する同市には海沿いに広大な干拓地があり、この土地の一角を使ったメガソーラープロジェクトなども進行中だ(関連記事)。さらにこうした干拓地の他、同市がメガソーラーの建設場所として活用しているのが「水上」である。2016年9月に新たにため池を使った水上メガソーラーの建設が決まった。

 水上メガソーラーの建設場所は笠岡市山口にある農業用ため池の「岩野池」(図1)。笠岡市は2016年9月にここに太陽光発電設備を設置する事業者をプロポーザル方式で募集した。2社の提案を審査した結果、いちごECOエナジーが実施事業者として採択された。

図1 岩野池の場所 出典:笠岡市

 岩野池の総面積は5万9906平方メートル。このうち太陽光発電設備を設置できるのは最大で約2万6000平方メートルと推定している。事業者側の提案によって、設置する太陽光パネルの枚数や出力は変わる。日本初の水上メガソーラーである埼玉県桶川市の「ソーラーオンザウォーター桶川」は、1万2400平方メートルの水面に、4500枚の太陽光パネルを設置して1.18MW(メガワット)の発電能力がある。今回の岩野池の場合、設置可能面積から推定するとこのメガソーラーの約2.1倍の設備を建設できる見込みがある。

図2 「ソーラーオンザウォーター桶川」の全景 出典:ウエストエネルギーソリューション
       1|2 次のページへ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.