ニュース
» 2017年06月05日 11時00分 UPDATE

自然エネルギー:小形風車を日本で独占販売、出力19.9kWのダリウス型

Looopは2018年度から米Chava Wind社製の小形風車を販売する。出力19.9kWのダリウス型風車で、2018年度から販売する予定だ。

[陰山遼将,スマートジャパン]

 Looopは米Chava Wind社と資本業務提携し、同社製の小型風車のアジア太平洋地域における独占販売権を獲得したと発表した。2018年度から販売を開始する予定だ。

販売予定の風車の外観(クリックで拡大) 出典:Looop

 「再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT)」の開始以降、日本全国にプロペラ型風車の設置が進んでいる。一方で風車の設置においては、地形の考慮、騒音に対する民家への配慮、乱流への対応などの課題も指摘されている。

 特に最近では、FIT価格が税別55円/kWh(キロワット時)と高く、環境アセスメントなどの開発規制のハードルが低い小型風力に注目が集まっているが、導入に規制を設ける自治体も増えている。

 LooopによるとChava Wind社のダリウス型小形風車はこうした課題に対応するもので、これまで設置が困難だった地域にも設置できるという。ダリウス型風車は垂直軸型で、一般に風向きを選ばず、騒音も小さいとされている。販売する風車の仕様は、定格出力19.9kW、ブレード含む全高は約30mでタワーは油圧可倒式、定格風速は11m/sを予定している。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.