ニュース
» 2017年07月06日 12時00分 UPDATE

PVJapan2017:パッケージ化で“割安”に、17種類から選べる太陽光向け遠隔監視

ラプラス・システムが、「PVJapan2017」に遠隔監視システム「L・eye(エルアイ)」シリーズを展示。2017年7月からこれまで低圧向けにしか用意していなかったパッケージサービスを、新たに高圧・特高向けにも広げる。

[陰山遼将,スマートジャパン]

 太陽光発電関連の計測機器販売を手掛けるラプラス・システム(京都市)は、「PVJapan2017」(2017年7月5〜7日、パシフィコ横浜)に出展し、遠隔監視システム「L・eye(エルアイ)」シリーズを展示した。これまで低圧向けにしか用意していなかったパッケージサービスを、高圧・特高向けにも広げ、2017年7月中に販売を開始する予定だ。

 L・eyeシリーズは2017年4月時点で、合計2万2000件、システム容量では5GW(ギガワット)の導入実績がある。50kW(キロワット)未満の低圧から特高・高圧まで、幅広い規模の太陽光発電所に対応する。計測機器がPCSと直接通信し、PCSごとの発電量や稼働状況をリアルタイムに把握するのが特徴だ。また、60社以上のパワーコンディショナーに対応できるというシステムの柔軟性も大きな強みとしている。

 これまで低圧の発電所向けには、さまざまな計測器や表示システム、通信回線、サポートメニューなどをパッケージ化した商品を展開していたが、高圧向けのものはなかった。今回、高圧向けのパッケージを追加し、さらに価格設定の見直しを行うことで、割安感を訴求する。具体的には、これまではPCSの台数で基本価格を決めていたが、今後は発電所の容量別による価格設定とした。低圧と高圧向けとして、容量別に合計17種類のパッケージを用意している。

 パッケージの基本構成は、計測機器、ストリング計測器や日射・気温計などの現地計測機器、遠隔監視・表示システム、通信回線、現地表示画面、サポートの5つ。サービス内容やオプションによって、価格と構成が変わる。なお、後付けでの導入も可能だ。

パッケージの基本構成(クリックで拡大)

 2017年4月から施行された改正FIT法で、発電事業者は出力制御要請への協力が必須となった。同社の遠隔監視システムは、電力会社による出力制御にも対応する。現時点で、国内外15社の出力制御機能付きPCSに対応しているという。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.