メディア

ITmedia

森川滋之

森川滋之がアイティメディアで執筆した記事一覧です。

このエントリーをはてなブックマークに追加
記事一覧

価値と信用を高める自分軸入門:

インタビューや会話で話す際には、相手の言うことを自分の身に置き換えて「脳内シミュレーション」をしてみよう。そうすれば聞きたい話などを引き出せるようになる。

()

ITエンジニアの市場価値を高める「営業力」(10):

エンジニアが市場価値を上げるには、営業力が必要だ。元SEで営業経験もある著者が、「エンジニアが身に付けておきたい営業力」を語る。

()

ITエンジニアの市場価値を高める「営業力」(9):

エンジニアが市場価値を上げるには、営業力が必要だ。元SEで営業経験もある著者が、「エンジニアが身に付けておきたい営業力」を語る。

()

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(最終回):

プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?

()

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(5):

プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?

()

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(4):

プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?

()

SEの未来を開く、フルスクラッチ開発術(3):

プログラムレス開発が全盛の中、フルスクラッチ開発こそ、顧客のためになり、SEにとっても強みとなると主張する企業がある。彼らはなぜあえて今、このような主張をするのだろうか?

()

ITエンジニアの市場価値を高める「営業力」(7):

エンジニアが市場価値を上げるには、営業力が必要だ。元SEで営業経験もある著者が、「エンジニアが身に付けておきたい営業力」を語る。

()

ITエンジニアの市場価値を高める「営業力」(4):

エンジニアが市場価値を上げるには、営業力が必要だ。元SEで営業経験もある著者が、「エンジニアが身に付けておきたい営業力」を語る。

()

ITエンジニアの市場価値を高める「営業力」(2):

エンジニアが市場価値を上げるには、営業力が必要だ。元SEで営業経験もある著者が、「エンジニアが身に付けておきたい営業力」を語る。

()

ITエンジニアの市場価値を高める「営業力」(1):

エンジニアが市場価値を上げるには、営業力が必要だ。元SEで営業経験もある著者が、「エンジニアが身に付けておきたい営業力」を語る。

()

「クールな28歳」が、なぜ顧客から選ばれるのか?:

経営コンサルタントとして成功しつつある「クールな28歳元エンジニア」の事例から、ITエンジニアが顧客の信頼を得て選ばれるための方法を考える。

()

本当にそうなのか?:

ワークショップのファシリテーターを支援しながら、宮本武蔵の『五輪書』を見て気が付いたことがある。リーダーの役割をファシリテーターに置き換えても、そのまま意味が通じることが多いのだ。

()

成功哲学への素朴な疑問:

1987年に新社会人になった筆者が入社前に感付いたある“罠”とは……。

()

518日間のはい上がり:

いよいよ間近に迫った出版記念パーティー。立ち直らなきゃと決めた日、2002年8月23日から数えて518日目だった。

()

518日間のはい上がり:

ついに出版記念パーティーをやることを決め、ますます忙しくなる金田。ところがそんな金田に新たな出会いと仕事が舞い込むのであった。

()

518日間のはい上がり:

なんと出版社の目に留まり、悪習慣改善をテーマにした書籍を出版することになった金田。とはいえ初めてのことで執筆は難航。しかも販促のためにブログを書け、出版記念パーティーをやれと仕事は増える一方であった。

()

518日間のはい上がり:

大失敗の禁煙セミナーから立ち直った金田。週1回のセミナー開催を自分に課し、続けていたところ、なんとある依頼が舞い込んできたのである。

()

518日間のはい上がり:

初めての禁煙セミナーは大失敗。三日三晩泣きじゃくった金田は、道路工事の警備員のバイトを始める。もっと汗をかく必要があると思ったからだ。

()

518日間のはい上がり:

人と会わなければ――そう決心して、開催したセミナーだったが、実際に集まったのは5人だけ。緊張する金田だが……。

()

518日間のはい上がり:

調子にのって、禁煙するための教材販売を始めた金田だったが結局売れたのは最初の数件のみ。この状況を打開するために会ったのは、金田の禁煙法で最初に成果を出した友人の竹下だった。

()

脱ガンジガラメの働き方:

東京の最高気温は39.5度。2004年の夏は暑かった。ふと外を見たら、平日なのに釣りをしている人がいた。すでに定年を迎えて悠々自適だったのかもしれない。しかし、そのときの私には、ただただ、うらやましかった。

()

518日間のはい上がり:

アンケートの返信がメルマガを発行したその日だけで5通、翌週は20通の返事が返ってきた。調子にのって、教材の販売も始めた金田だったが……。

()

518日間のはい上がり:

一念発起で始めた“禁煙成功のためのメルマガ”だったが、3000人の読者を集めたのに読者からの反応がない。心配になった主人公の金田が取った行動とは――。

()

518日間のはい上がり:

禁煙法の読者を獲得するため、メルマガをはじめようとした主人公の金田。ところが、メルマガを登録することになったら何となく気が進まない。「俺はなんのためにこんなことをしているんだろう」

()

518日間のはい上がり:

毎日気絶するぐらいまで、禁煙の教材作りに没頭した主人公の金田。教材はできたものの、ほかの人が認めてくれなければどうしようもないし、販売ルートもない。教材ができただけで有頂天になるなんて、俺はなんて馬鹿なんだろう……。

()

518日間のはい上がり:

終電近くまで飲み続けていたが、ずっとウイスキーのボトル1本を開け続けてきた俺だから、二日酔いはなかった。ヘビースモーカー3人に囲まれていたけど、本当にタバコを吸う気が起きなかったんだ。不可能だと思っていた禁煙ができたのはよかったけど、状況はなにも変わっていないんじゃないか?

()

518日間のはい上がり:

くわえタバコが腹に落ちて、焼け死にしかけた――というと大げさだけど、このままではいけないと思ったのは確かだ。そもそもいろんな“不幸”の原因って俺にあるんじゃないのか?

()

518日間のはい上がり:

毎日パチンコと酒で気を紛らわす主人公の金田。ほかの誰ともほとんど話をせず、準引きこもり状態。パチンコに負けたある日、思わずヤケ酒をしてしまい、くわえタバコのまま寝てしまった――。

()

518日間のはい上がり:

起業した会社を結局倒産させてしまった主人公の金田。残ったのは1500万円の借金だったが、このままではどうしようもない。とにかく中途採用の就職活動を続けるのだった。

()

518日間のはい上がり:

今度という今度は、つくづくサラリーマンがイヤになった。所長にも噛みついたけど、そもそも人を育てるという感覚がないから、俺の言うことなんか左の耳から右の耳へ素通り。こんな会社辞めてやる!

()

感動のイルカ:

秋田は、末期がんだった。最後は出身地で死にたいと、神戸の病院に入院していた。浩たちは、30分ほどで病院に到着したが、その間が浩には何時間にも感じられたのだった。

()

感動のイルカ:

“経営の神様”と呼ばれている宮田和弘の「弘和塾」。ここで月1回の勉強会で講演することになった主人公の猪狩浩。師事するコンサルタントの秋田の姿を探すが見当たらず、緊張する浩であった。

()

感動のイルカ:

「あきらめない」「ピンチは成長のチャンス」「夢を語り続ける」――秋田に教えてもらった3つの心得だったが、経営者仲間に言っても信じてくれない。自信をなくす浩であった。

()

感動のイルカ:

経営に悩んだ浩は、マーケティングコンサルタントの秋田正芳に話を聞きに行く。「経営者にとって3つだけ大事なことがあるとしたら何でしょうか?」「よっしゃ、とっておきの3つを教えたろ。その代わり、一生忘れたらあかんで」――。

()

感動のイルカ:

安易なコンサル頼みで利益を減らした主人公・猪狩浩の運送会社。経営に悩んだ浩は積極的に経営を学ぼうとするが――。

()

感動のイルカ:

浩の会社は売上が増えたので、トラックを増やし、社員も増やしてきた。しかし、社員が増えれば、絆は薄まる。「すみません。結婚を考えているんで、もう少し給料のいい会社に移ります」。こういう辞め方に、浩は少なからずショックを受けた。

()

感動のイルカ:

売り上げは順調。信頼できる中野税理士の助けもあり、「正直な経営」もできているつもりだ。おごることなく、小さな幸せを噛みしめる浩だったが――。

()

感動のイルカ:

創業メンバーに裏切られた猪狩浩の起業だったが、何とか引っ越し会社の認可ももらった。景気にも助けられ売り上げは2億5000万円に。そんな折、「不正な利益処理をしている疑いがある」との嫌疑がかかった。

()

感動のイルカ:

一緒に起業した宮本や山崎は辞めていった。迷惑をかける周囲の関係者に頭を下げる主人公の猪狩浩。だが、残った仲間もいる。息子も産まれた。彼らのためにも会社を続けなければいけない。

()

感動のイルカ:

その晩、浩は2人の男と飲んでいた。広告会社出身の宮本と年下の同僚である山下である。彼らと独立について相談していたのだった。

()