ニュース
» 2009年07月10日 16時09分 公開

山手線の“駅名標”がメモに――「トレインロールメモ」ISOT 2009

都心で活動するんだったら必ず使うJR山手線。そんな山手線の駅名標をモチーフにしたロールメモを見つけた。

[鷹木創,Business Media 誠]

 都心で働くビジネスパーソンの“足”といえばJR山手線。駅名がすらすら出てくるようになると移動時間の目安にもなるが、なかなか覚えられない人も多いはず。そんな人に効果があるかも! と思ったのが「トレインロールメモ」だ。ISOT 2009で見かけた。

 トレインロールメモは、山手線の駅名標をモチーフにしたメモ用紙。ロール状になっており、車両をデザインした箱から引っ張って1枚ずつ使うようになっている。駅名標がずらずら出てくる様は、さながら山手線に乗っているようだ。

 普段から使っていれば、自然と駅名を覚えられそう……と思ったのだが、よく見てみると、池袋、高田馬場、新宿、代々木、原宿渋谷、恵比寿、大崎、品川、東京、秋葉原、上野、池袋……となっている。そう、全駅を網羅している訳ではなかったのだ!

 残念ながら山手線の全駅名を覚えるには利用できないが、それでも雰囲気はばっちり。このほか中央線、東海道線、総武線、京浜東北線、京葉線、東海道・山陽新幹線といったバージョンも用意(48枚、各350円)。販売するジェイアール東海エージェンシーによると「私鉄各社のバージョンも近々発売する」という。



Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ