インタビュー
» 2018年10月10日 08時00分 公開

退職代行サービス「EXIT」を運営して、どんなことが分かってきたのか水曜インタビュー劇場(言えない公演)(6/6 ページ)

[土肥義則,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6       

最後に、親にひとこと

土肥: 会社を辞めたいと思ったとき、どういう人に相談すればよいのでしょうか? 上司に相談しても「ウチの会社は楽だよ。他社は大変だから。ノルマもきついし」といったことを言う人がいますよね。

新野: 転職を経験したことがない人がそのようなことを言っても、説得力がないですよね。同じ会社に勤め続けている人は、いまの会社を辞めたらどうなるのかを知りません。辞めることは、ある意味、自分の人生を否定することにもなるので、「会社を辞める=ネガティブ」に受け止めているんですよね。

土肥: ということは、転職したことがない人に相談しても、うまく説得される可能性が高いわけですね。

新野: はい。ただ、多くの人は会社の上司や先輩に相談するんです。先ほども言いましたように、その会社でしか働いた経験がない人に相談しても、ネガティブな答えしか返ってきません。じゃあどうすればいいのか。転職した経験があって、辞めても転職できる環境があることを知っている人に相談するのがいいですね。そうすると、「それおもしろそうじゃないか」「辞めたほうがいいよ」「やりたいことをやりなよ」といったアドバイスが返ってくる。相談する相手は、間違えないようにしなければいけません。

土肥: 最後の質問です。先ほど、新野さんは親に「会社を辞めて、いまは起業していることを伝えていない」と言っていました。いまは2社目のところで働いていると。この記事を読んでいただけるかどうか分かりませんが、親にひとことお願いします。

新野: いまの時代は、終身雇用が前提ではありません。また、転職市場も活性化しているので、会社を辞めても次があります。というわけで、やりたいことをやらせてください。やりたくないことを、20年も30年もやりたくありません。以上です。

(終わり)

書籍&CDが出ました!

 ITmedia ビジネスオンラインの連載をまとめた書籍『バカ売れ法則大全』(行列研究所/SBクリエイティブ)が発売されました。本連載「水曜インタビュー劇場」の人気記事をピックアップして、大幅に加筆。また弊誌では掲載していない記事もご紹介しています。また、本連載をまとめた『ササる戦略』(三才ブックス)も発売していますので、合わせてどうぞ。

 さらに、水曜インタビュー劇場のMCを務める土肥義則のCDが発売されました。「全国経営者セミナー」での講演を収録していますので、ぜひビジネスのヒントに!


前のページへ 1|2|3|4|5|6       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -