ニュース
» 2019年09月25日 06時00分 公開

リゾート地でリフレッシュ:仕事と休暇を一緒にする「ワーケーション」 JTBとスノーピークがハワイで展開する事業の背景を直撃 (1/4)

テレワークの1つである「ワーケーション」。仕事と休暇を一緒に取る新たな働き方だ。今日本では徐々に導入する企業が増え、事業として展開する企業も増え始めている。中でも、JTBとスノーピークは、ハワイでワーケーションを行うプログラムを開始。テレワークとしても珍しい「野外」で行うプログラムはどのようにして生まれたのか。また、日本でワーケーションは根付いていくのだろうか。

[鬼頭勇大,ITmedia]

 休暇先で仕事を行う「ワーケーション」。「仕事」と「休暇」をシームレスにし、より働き方を柔軟にする取り組みだ。日本航空や三菱UFJ銀行など一部の大手企業を中心に、導入が始まっている。また、さまざまな企業がワーケーション支援事業を開始。多くは国内観光地でのプログラムだが、中には海の向こう、ハワイで行うプログラムを提供する企業もある。

 プログラム名は「CAMPING OFFICE HAWAII(キャンピングオフィスハワイ)」。JTB(東京都品川区)とアウトドアオフィス事業を展開するスノーピークビジネスソリューションズ(愛知県岡崎市)が、法人向けとして4月1日にサービスを開始した。主にアウトドアで実施し、テント設営などを通したチームビルディングや、企業トップ、来賓を集めて行うミーティングなど、自然を生かしたさまざまなプログラムを用意している。

ハワイで「ワーケーション」

 なぜ、ワーケーション事業を始めようと思ったのか。そして、日本企業にワーケーションは普及していくのか。こういった疑問を、仕掛け人であるスノーピークビジネスソリューションズの取締役で、事業戦略本部長を務める藤本洋介氏に聞いてみた。

       1|2|3|4 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間