メディア
コラム
» 2019年11月25日 07時53分 公開

仕事ができることと、出世することは無関係か (3/4)

[猪口真,INSIGHT NOW!]
INSIGHT NOW!

仕事ができる人は、すぐに転職する?

 仕事とは、ある意味普遍的なので、ある仕事ができる一流の人は、別な仕事をしても一流である可能が高い。

 その仕事が仮に職人的な仕事だとしても、何もその会社を通して仕事をする義務はないのだから、別の組織として、そのソリューションを提供してもまったく問題はない。

 (特許や著作権の所在がどこかというのは、よく裁判になったりする)

 だから仕事が本当にできる人は、つまらない組織にいる必要はまったくなく、そんな組織のなかで出世したところでたかが知れていることを十分にわかっている。

 結局、仕事ができる人は、さっさと転職する。

ただし、勘違い野郎は失敗する

 自分が成果を出し、「俺はこんな組織にいるような人材ではない」と勘違いするビジネスマンも、これまた多い。この手のビジネスマンは、普段から不平不満を口にしている。今の自分で甘んじているのは、上司と組織のせいというわけだ。

 組織の力というのはあなどれないものだ。組織だからこそ、仕事が生まれ、利益が生み出される。

 最近は、コンプライアンスの観点から、新規の取引にもかなりの時間と労力をかけ、「信用度合」を調査する。そうしたハードルを乗り越えてきたところだけが、現在生き残っている。

 今の給与がもらえているのは、会社のおかげであることを完全に忘れ、転職や独立したはいいものの、その後、痛い目に合うことになる。

Copyright (c) INSIGHT NOW! All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -