#SHIFT × Tech
ニュース
» 2019年12月04日 10時05分 公開

顕微鏡画像をチーム全員で共有できる EIZOが4K対応の57.5型手術用ディスプレイを開発

EIZOは、4K UHD解像度に対応した手術用57.5型液晶ディスプレイ「EX5841」を発表した。

[城戸芳充,ITmedia]

 EIZOは12月4日、4K UHD解像度に対応した手術用57.5型液晶ディスプレイ「EX5841」を発表、2020年4月6日に発売する。価格はオープン。

photo EX5841

 顕微鏡を用いた手術は、執刀医に身体的な負担がかかる他、執刀医が確認している映像を助手や看護師に共有できずチーム全員で治療の進行状況を把握しにくいという課題がある。これを解決するための手術用ディスプレイが本製品で、顕微鏡をのぞくのではなく顕微鏡の映像をディスプレイに表示することで、執刀医は顔を上げた無理のない姿勢で治療を行うことが可能になる。

 さらに、離れた場所からも高い視認性を得られる57.5型の大画面を採用したことで、手術顕微鏡の映像を手術室内の医療チーム全員で共有できる。円滑な手術の進行を実現する他、研修医の教育にも有用だとしている。

 同製品は2019年12月5日〜12月7日にパシフィコ横浜で開催される「第32回 日本内視鏡外科学会総会」で展示が行われる予定だ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -