メディア
コラム
» 2020年06月09日 05時00分 公開

求められるのは「アウトカム」:「上司と部下」からパートナーへ これから求められるマネジャーの姿とは? (1/3)

新型コロナで巻き起こった急激な変化。コミュニケーションやマネジメントの形にはどういった変化があり、これからマネジャーに求められるものとはどういった要素なのだろうか。コミュニケーションに関するサービス「KAKEAI」を提供するKAKEAI社の本田社長に話を聞いた。

[鬼頭勇大,ITmedia]

 「今までのようなマネジャーは、もう不要になる」――こう話すのは、上司と部下のコミュニケーションにおける“掛け違い”をなくすためのクラウドサービスを提供する、KAKEAI(東京都港区)の本田英貴社長だ。

 KAKEAIのサービスは、主に「1on1」を支援するサービス。せっかくの1on1でも、部下が話したいテーマやトピックを何となく上司に伝えにくかったり、時間だけが過ぎてしまい、消化不良に終わったりしてしまうことは少なくない。そこで、話したい事柄を事前に選択できる機能や、1on1終了後に「どれくらいすっきりしたか」を評価する機能を基に、ひとりひとりに対するかかわり方を最適化できるサービスを立ち上げたという。

 こうした課題に対する注目は多くの企業で高まりつつあり、KAKEAIはウィルグループと日本中小企業情報化支援協議会が主催し、優れたHRテックベンチャー・スタートアップを表彰する「HR Tech GP2019」でグランプリに選出された。また、20年以上の歴史を持つ、HR領域に関するテクノロジーをテーマにした世界規模のイベント「HR Technology Conference & Expo」でも注目を集めるなど、国内外で高評価を得ている。

 新型コロナの影響などもあり、急速に導入が進むテレワークだが、働き方が大きく変わったことにより、コミュニケーションやマネジメントの在り方に頭を抱えるビジネスパーソンも多いのではないだろうか。テレワークの浸透によってコミュニケーションやマネジメントがどう変わっているのか、また今後のマネジャーの在り方について、本田社長へ聞いた。

KAKEAIはコミュニケーションの「掛け違い」を防止するサービスだ(出所:KAKEAI公式Webサイト)
       1|2|3 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間